平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

感想

市川憂人『揺籠のアディポクル』(講談社)

揺籠のアディポクル 作者:市川 憂人 発売日: 2020/10/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) 半人形――それがコノハの最初の印象だ。隻腕義手の痩せた少女が、タケルのただひとりの同居人だった。医師の柳や看護師の若林とともに、病原体に弱い二人を守るはず…

ドナルド・E・ウエストレイク『ホット・ロック』(角川文庫)

ホット・ロック (角川文庫) 作者:ドナルド・E. ウエストレイク 発売日: 1998/09/01 メディア: 文庫 長い刑期を終えて出所したばかりの盗みの天才ドートマンダーに、とてつもない仕事が舞い込んだ。それはアフリカの某国の国連大使の依頼で、コロシアムに展示…

矢作俊彦『ららら科學の子』(文春文庫)

ららら科學の子 (文春文庫) 作者:矢作 俊彦 発売日: 2006/10/06 メディア: 文庫 男は殺人未遂に問われ、中国に密航した。文化大革命、下放をへて帰還した「彼」は30年ぶりの日本に何を見たのか。携帯電話に戸惑い、不思議な女子高生に付きまとわれ、変貌した…

千田理緒『五色の殺人者』(東京創元社)

五色の殺人者 作者:千田 理緒 発売日: 2020/10/10 メディア: 単行本 高齢者介護施設・あずき荘で働く、新米女性介護士のメイこと明治瑞希(めいじ みずき)はある日、利用者の撲殺死体を発見する。逃走する犯人と思しき人物を目撃したのは五人。しかし、犯人の…

佐野洋『七色の密室』(文春文庫)

七色の密室 (文春文庫) 作者:佐野 洋 発売日: 1980/05/01 メディア: 文庫 鍵の掛ったホテルの一室で、男が殺されていた。謎を追う刑事は、奇妙な話を聞く。以前ある女優が同じ部屋に泊った時、朝になるとどこからか、猫が一匹入り込んでいたという……。青、紫…

佐野広実『わたしが消える』(講談社)

わたしが消える 作者:佐野 広実 発売日: 2020/09/30 メディア: 単行本 元刑事の藤巻は、医師に軽度認知障碍を宣告され、愕然とする。離婚した妻はすでに亡くなっており、大学生の娘にも迷惑はかけられない。ところが、当の娘が藤巻の元を訪れ、実習先の施設…

周浩暉『死亡通知書 暗黒者』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

死亡通知書 暗黒者 (ハヤカワ・ミステリ) 作者:周 浩暉 発売日: 2020/08/05 メディア: 新書 2002年、省都A市でひとりのベテラン刑事が命を落とし、復讐の女神の名を冠す謎の人物〈エウメニデス〉による処刑の序曲は奏でられた。ネットで死すべき人物の名を募…

坂上泉『インビジブル』(文藝春秋)

インビジブル 作者:泉, 坂上 発売日: 2020/08/26 メディア: 単行本 昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭を麻袋で覆われた刺殺体となって見つかる。大阪市警視庁が騒然とするなか、若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、上層部の思惑により国警か…

スティーヴン・キング『シャイニング』上下(文春文庫)

新装版 シャイニング (上) (文春文庫) 作者:スティーヴン キング 発売日: 2008/08/05 メディア: 文庫 新装版 シャイニング (下) (文春文庫) 作者:スティーヴン キング 発売日: 2008/08/05 メディア: 文庫 《景観荘(オーバールック)》ホテルはコロラド山中…

法月綸太郎『法月綸太郎の消息』(講談社)

法月綸太郎の消息 作者:法月 綸太郎 発売日: 2019/09/12 メディア: 単行本 ホームズ探偵譚の異色作「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」。この2作の裏に隠された、作者コナン・ドイルをめぐる意外なトラップを突き止める「白面のたてがみ」。 ポアロ最後…

奥泉光『死神の棋譜』(新潮社)

死神の棋譜 作者:奥泉 光 発売日: 2020/08/27 メディア: 単行本 ――負けました。これをいうのは人生で何度目だろう。 将棋に魅入られ、頂点を目指し、深みへ潜ってしまった男。消えた棋士の行方を追って、北海道の廃坑から地下神殿の対局室までの旅が始まる。…

南條範夫『三百年のベール』(学研M文庫)

三百年のベール―異伝 徳川家康 (学研M文庫) 作者:南条 範夫 メディア: 文庫 静岡の県吏・平岡素一郎は、ふと目にした史書の一節をきっかけに、将軍徳川家康の出自と生涯の秘密を探りはじめる。やがて、驚愕の真相が浮かび上がった――。「家康は戦国大名松平家…

阿津川辰海『透明人間は密室に潜む』(光文社)

透明人間は密室に潜む 作者:阿津川 辰海 発売日: 2020/04/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) 透明人間による不可能犯罪計画。裁判員裁判×アイドルオタクの法廷ミステリ。録音された犯行現場の謎。クルーズ船内、イベントが進行する中での拉致監禁──。絢爛…

ジョージ・P. ペレケーノス『俺たちの日』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

俺たちの日 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:ジョージ・P. ペレケーノス 発売日: 1998/09/01 メディア: 文庫 ギャングのボスのために借金を取りたてる――どんな危険も顧みない幼なじみのジョーとピートにとって、それは簡単な仕事だった。が、非情になりきれな…

櫻田智也『サーチライトと誘蛾灯』(創元推理文庫)

サーチライトと誘蛾灯 (創元推理文庫) 作者:櫻田 智也 発売日: 2020/04/21 メディア: 文庫 ホームレスを強制退去させた公園の治安を守るため、ボランティアで見回り隊が結成された。ある夜、見回り中の吉森は、公園にいた奇妙な来訪者たちを追い出す。ところ…

ロバート・ゴダード『蒼穹のかなたへ』上下(文春文庫)

蒼穹のかなたへ〈上〉 (文春文庫) 作者:ロバート ゴダード メディア: 文庫 蒼穹のかなたへ〈下〉 (文春文庫) 作者:ロバート ゴダード メディア: 文庫 讒言で会社を追われ、元の部下で現国防次官ダイサートの世話でロードス島の別荘番として酒と倦怠の日々を…

石沢英太郎『21人の視点』(光文社文庫)

21人の視点 (光文社文庫) 作者:石沢 英太郎 メディア: 文庫 「彼」の許に届いた一通の手紙。それは、17年まえの国有地払い下げにからむ汚職事件の真相を暴いた親書だった。K省の課長補佐だった「彼」の父に責任を負わせ、自殺に至らせた殺される価値のある成…

林泰広『オレだけが名探偵を知っている』(光文社)

オレだけが名探偵を知っている 作者:林 泰広 発売日: 2020/06/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) 新川綾が事故に遭い手術をした。綾には幼い娘・青葉がいるが父親である新川昭男は仕事でまったく連絡が取れない。青葉の叔父、秋山礼人は新川が重役を務め…

ピーター・ラヴゼイ『マダム・タッソーがお待ちかね』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

マダム・タッソーがお待ちかね (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:ピーター ラヴゼイ メディア: 文庫 1888年3月、ロンドンの高級写真館で助手をつとめる男が毒殺された。警察の入念な捜査の結果、彼に恐喝されていた館主の妻が逮補される。彼女は公判を前に自ら…

ドナルド・E・ウェストレイク『嘘じゃないんだ!』(ミステリアス・プレス文庫)

嘘じゃないんだ! (ミステリアス・プレス文庫―ハヤカワ文庫 (35)) 作者:ドナルド・E・ウェストレイク メディア: 文庫 もちろんサラだって、自分が入社したのがゴシップ新聞社なのは知っていた。けれど、彼女が目撃した他殺死体の話がボツにされ、かわりにポテ…

小泉悦次『史論―力道山道場三羽烏』(辰巳出版)

史論‐力道山道場三羽烏 (G SPIRITS BOOK) 作者:小泉 悦次 発売日: 2020/05/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) 力道山が産み落とした3人の弟子が織りなす“冷戦時代の日・米・韓プロレス史”。馬場vs猪木vs大木の20年戦争「力道山の後継者」は誰だ? 「アメリ…

越中詩郎・小林邦昭・木村健悟・ザ・グレート・カブキ・青柳政司・齋藤彰俊・AKIRA『平成維震軍 「覇」道に生きた男たち』(辰巳出版)

平成維震軍「覇」道に生きた男たち (G SPIRITS BOOK) 作者:越中 詩郎,小林 邦昭,木村 健吾,ザ・グレート・カブキ,青柳 政司,齋藤 彰俊,AKIRA 発売日: 2020/01/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) 誠心会館との抗争、選手会vs犯選手会同盟、WARとの対抗戦、…

ジャン=クリストフ・グランジェ『クリムゾン・リバー』(創元推理文庫)

クリムゾン・リバー【新版】 (創元推理文庫) 作者:ジャン=クリストフ・グランジェ 発売日: 2018/11/30 メディア: 文庫 山間の大学町周辺で次々に発見される惨殺死体。拷問され、両眼をえぐられ、あるいは両手を切断され……。別の町でその頃、謎の墓荒らしが…

戸田義長『雪旅籠』(創元推理文庫)

雪旅籠 (創元推理文庫) 作者:戸田 義長 発売日: 2020/07/22 メディア: 文庫 江戸時代末期、北町奉行所定町廻り同心の戸田惣左衛門は、若かりし日より悪人の捕縛や吟味に辣腕を振るい、『八丁堀の鷹』と謳われてきた。妻に先立たれ、園芸と囲碁を趣味する惣左…

ミステリー文学資料館編『江戸川乱歩と13人の新青年 〈論理派〉編』(光文社文庫)

江戸川乱歩と13人の新青年 〈論理派〉編 (光文社文庫) 発売日: 2008/01/10 メディア: 文庫 この雑誌の歴史は即ち日本探偵小説の歴史である――江戸川乱歩がこう言い切ったのは、一九二〇年創刊の「新青年」だ。一九三五年、その乱歩が長文の評論「日本の探偵小…

デイヴィッド・ピース『TOKYO YEAR ZERO』(文春文庫)

TOKYO YEAR ZERO (文春文庫) 作者:デイヴィッド ピース 発売日: 2012/11/09 メディア: 文庫 1945年8月15日。玉音放送の響く中で見つかった女の死体。そして1年後に発見される第二、第三の死体。GHQ占領下の東京に殺人鬼が徘徊している! そいつを追う警視庁の…

ロード・ダンセイニ『二壜の調味料』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

二壜の調味料 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:ロード ダンセイニ 発売日: 2016/11/22 メディア: 文庫 調味料のセールスをしているスメザーズが同居することになったリンリーという青年は、きわめて明晰な頭脳の持ち主だった。警察に依頼されて怪事件の調査を…

佐々木譲『警官の血』上下(新潮文庫)

警官の血 上 (新潮文庫) 作者:譲, 佐々木 発売日: 2009/12/24 メディア: 文庫 警官の血 下 (新潮文庫) 作者:譲, 佐々木 発売日: 2009/12/24 メディア: 文庫 昭和二十三年、警察官として歩みはじめた安城清二は、やがて谷中の天王寺駐在所に配属される。人情…

犯罪被害者支援弁護士フォーラム『死刑賛成弁護士』(文春新書1274)

死刑賛成弁護士 (文春新書) 作者:犯罪被害者支援弁護士フォーラム 発売日: 2020/07/20 メディア: 新書 「弁護士はみな死刑反対」と考えるのは大間違い! 被害者遺族の悲嘆と刑事裁判の理不尽さを知悉する弁護士らが、一般的な感覚から乖離する死刑反対派の欺…

クリス・マクジョージ『名探偵の密室』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

名探偵の密室 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) 作者:マクジョージ,クリス 発売日: 2019/08/06 メディア: 単行本 かつて少年探偵として名を馳せたモーガン・シェパードは、いまやリアリティ番組で活躍する“名探偵”として数々の事件を解決している。だがある日…