平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

感想

カーター・ディクスン『五つの箱の死』(国書刊行会 奇想天外の本棚)

五つの箱の死 (奇想天外の本棚) (奇想天外の本棚 9) 作者:カーター・ディクスン 国書刊行会 Amazon 深夜一時、ジョン・サンダース医師は研究室を閉めた。今週中に、ある毒殺事件のための報告書を提出しなければならず、遅くまで顕微鏡を覗いていたのだ。頭を…

辻真先『戯作・誕生殺人事件』(創元推理文庫)

戯作・誕生殺人事件 (創元推理文庫) 作者:辻 真先 東京創元社 Amazon 東京から北関東へ移住した、ミステリ作家の牧薩次とキリコ夫妻。高齢出産を決意したキリコは、地元の中学生・美弥に住み込みで手伝いをしてもらうことに。やがて臨月間近の秋祭の日、キリ…

南海遊『永劫館超連続殺人事件 魔女はXと死ぬことにした』(星海社FICTIONS)

永劫館超連続殺人事件 魔女はXと死ぬことにした (星海社 e-FICTIONS) 作者:南海遊 講談社 Amazon 「私の目を、最後まで見つめていて」 そう告げた『道連れの魔女』リリィがヒースクリフの瞳を見ながら絶命すると、二人は1日前に戻っていた。 母の危篤を知っ…

大神晃『天狗屋敷の殺人』(新潮文庫nex)

天狗屋敷の殺人(新潮文庫nex) 作者:大神晃 新潮社 Amazon ヤンデレな恋人・翠(みどり)に、婚約者として無理やり連れていかれた彼女の実家は、山奥に立つ霊是(りょうぜ)一族の“天狗屋敷”だった。失踪した当主の遺言状開封、莫大な山林を巡る遺産争い、棺か…

影木栄貴『50婚 影木、おひとり様やめるってよ』(KADOKAWA)

50婚 影木、おひとり様やめるってよ 作者:影木 栄貴 KADOKAWA Amazon DAIGOの姉、内閣総理大臣の故竹下登の孫として知られる人気漫画家・影木栄貴が50歳にして結婚、おひとり様をやめるまでの道のりを赤裸々に書いた初エッセイ。仕事は順調、だけど恋愛免疫…

ゴードン・マカルパイン『青鉛筆の女』(創元推理文庫)

青鉛筆の女 (創元推理文庫) 作者:ゴードン・マカルパイン 東京創元社 Amazon 2014年カリフォルニアで解体予定の家の屋根裏から発見された貴重品箱。なかには三つのものが入っていた。1945年にウィリアム・ソーン名義で発表された低俗なパルプ・スリラー。編…

青崎有吾『地雷グリコ』(KADOKAWA)

地雷グリコ (角川書店単行本) 作者:青崎 有吾 KADOKAWA Amazon 亜麻色のロングヘア、子猫のように身軽で飄々としている少女の名前は射守矢(いもりや)真兎(まと)。都立頬白(ほおじろ)高校1年4組。勝負事には異常に強い彼女は、風変わりなゲームの戦いに巻き込…

J・C・ポロック『樹海戦線』(ハヤカワ文庫NV)

樹海戦線 (ハヤカワ文庫 NV 406) 作者:J.C. ポロック 早川書房 Amazon CIA内部に潜むソ連の大物スパイ――――その正体を暴く情報を持つために、元グリーンベレー隊員のスレイターは暗殺者に命を狙われ始めた。激闘の末、からくも生き延びたスレイターと戦友のパ…

白井智之『東京結合人間』(角川文庫)

東京結合人間 (角川文庫) 作者:白井 智之 KADOKAWA Amazon 生殖のために男女が身体を結合させ「結合人間」となる世界。結合の過程で一切嘘が吐けない「オネストマン」となった圷は、高額な報酬に惹かれ、オネストマン7人が孤島で共同生活を送るドキュメンタ…

邦光史郎『社外極秘』(集英社文庫)

社外極秘 (集英社文庫 134-J) 作者:邦光 史郎 集英社 Amazon 電機業界の機密攻防戦のさなか、経営悪化の産業調査研究所を営む日沼らは有力メーカー・エコーの新製品の機密を握る。時を同じくして、経営不振を見透かしたかのようにエコーから大きな仕事がまい…

ヘレン・マクロイ『幽霊の2/3』(創元推理文庫)

幽霊の2/3 (創元推理文庫) (創元推理文庫 M マ 12-3) 作者:ヘレン・マクロイ 東京創元社 Amazon 人気作家エイモス・コットルを主賓に迎えたパーティーが、雪深きコネチカット州にある出版社社長ケインの邸宅で開かれた。腹に一物あるらしき人々が集まるなか…

信国遥『あなたに聞いて貰いたい七つの殺人』(光文社)

あなたに聞いて貰いたい七つの殺人 作者:信国 遥 光文社 Amazon 若い女性ばかりを惨い手口で殺害し、その様子をインターネットラジオで実況するラジオマーダー・ヴェノム。その正体を突きとめてほしいと、しがない探偵・鶴舞(つるま)に依頼してきたジャーナ…

駄犬『死霊魔術の容疑者』(マイクロマガジン社 GCノベルズ)

死霊魔術の容疑者 (GCノベルズ) 作者:駄犬,遠田志帆 マイクロマガジン社 Amazon 巨大な版図を誇るラーマ国。しかし、一代で大国を築き上げた「武王」が病を得たことで各地で反乱が勃発し、王国に滅亡の危機が訪れる。だが突如、アンデッドの軍団が反乱軍を襲…

米澤穂信『冬期限定ボンボンショコラ事件』(創元推理文庫)

冬期限定ボンボンショコラ事件 〈小市民〉シリーズ (創元推理文庫) 作者:米澤 穂信 東京創元社 Amazon 小市民を志す小鳩君はある日轢き逃げに遭い、病院に搬送された。目を覚ました彼は、朦朧としながら自分が右足の骨を折っていることを聞かされ、それによ…

ジェフリー・ディーヴァー『スティール・キス』上下(文春文庫)

スティール・キス 上 (文春文庫) 作者:ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋 Amazon スティール・キス 下 (文春文庫) 作者:ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋 Amazon NYのショッピングセンターでエスカレーターが誤作動を起こし、通行人の男性を巻き込んだ! …

駄犬『追放された商人は金の力で世界を救う』(主婦と生活社 PASH!文庫)

追放された商人は金の力で世界を救う【電子版特典付】 (PASH!文庫) 作者:駄犬 主婦と生活社 Amazon Sランク冒険パーティー・ブルーリングの一員でありながら、不人気職“商人”のトラオ。戦力として微妙な上に、金の使い込みがバレ、リーダーのライネルから「…

黒木あるじ『春のたましい 神祓いの記』(光文社)

春のたましい~神祓いの記~ 作者:黒木 あるじ 光文社 Amazon 「祭りをやらないと、この村はなくなりますよ!」――信じない人々をどう説得する!? 感染症の大流行や地方の過疎化が進んだせいで、「祭り」が行われなくなった地域が増えた。これまで地域の祭りで…

阿津川辰海『入れ子細工の夜』(光文社)

入れ子細工の夜 作者:阿津川 辰海 光文社 Amazon 古書の街にあらわれた探偵の、秘められた目的とは。本格ミステリで大学に入ろう! 禁断の「犯人当て入試」狂騒曲。秘密を暴露された作家。いや、捏造された作家? 嘘と真実が裏返り続ける二人劇。学生プロレ…

馬伯庸『両京十五日 2: 天命』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

両京十五日 2: 天命 (ハヤカワ・ミステリ) 作者:馬伯庸 早川書房 Amazon 宿敵の白蓮教徒・梁興甫によって分断されてしまった皇太子・朱瞻基一行。攫われた呉定縁を救出すべく朱瞻基は一計を案じるが、予想だにしない過酷な危機が彼を襲う。一方、呉定縁の前…

佐々木英俊『最強のナンバー2 坂口征二』(イースト・プレス)

最強のナンバー2 坂口征二 作者:佐々木 英俊 イースト・プレス Amazon 坂口征二喜寿(77歳)記念出版「世界の荒鷲」初の公認バイオグラフィー「柔道、プロレス、すべての時代の私が詰まっている」──坂口征二 柔道日本一から、鳴り物入りでプロレス界へ転向…

深緑野分『この本を盗む者は』(KADOKAWA)

この本を盗む者は (角川文庫) 作者:深緑 野分 KADOKAWA Amazon 「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」「それは、美冬ちゃんが“今読むべき本に呼ばれた”んじゃないのかな」 書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御…

ダン・マクドーマン『ポケミス読者よ信ずるなかれ』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ポケミス読者よ信ずるなかれ (ハヤカワ・ミステリ) 作者:ダン マクドーマン 早川書房 Amazon 私立探偵のマカニスは、とある人物から招待されて、人里離れた会員制狩猟クラブを訪れた。会員たちがクラブの存続問題などで揉めるなか、湖で一つの死体が発見され…

真門浩平『ぼくらは回収しない』(東京創元社 ミステリ・フロンティア)

ぼくらは回収しない (ミステリ・フロンティア) 作者:真門 浩平 東京創元社 Amazon 数十年に一度の日食が起きた日、名門大学の学生寮で女子学生が亡くなった。密室状態の現場から自殺と考えられたが、小説家としても活躍し、才気溢れた彼女が死を選ぶだろうか?…

ウィリアム・ケント・クルーガー『ありふれた祈り』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ありふれた祈り (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 22-1) 作者:ウィリアム・ケント・クルーガー 早川書房 Amazon 1961年、ミネソタ州の田舎町。13歳のフランクは、牧師の父と芸術家肌の母、音楽の才能がある姉や聡明な弟とともに暮らしていた。ある夏の日、思いが…

ヤーン・エクストレム『ウナギの罠』(扶桑社ミステリー文庫)

ウナギの罠 (海外文庫) 作者:ヤーン・エクストレム 扶桑社 Amazon 「スウェーデンのディクスン・カー」と称された、ヤーン・エクストレムによる不可能犯罪の名品! ウナギ漁のための小部屋のような仕掛け罠のなかで、地元の大地主の死体が発見された。入り口…

馬伯庸『両京十五日 1: 凶兆』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

両京十五日1 凶兆 (ハヤカワ・ミステリ) 作者:馬伯庸 早川書房 Amazon 1425年、明の皇太子・朱瞻基は遷都を図る皇帝に命じられ、首都の北京から南京へと遣わされる。だが、長江を下り南京へと到着したその時、朱瞻基の船は爆破され、彼の命が狙われているこ…

紫金陳『検察官の遺言』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

検察官の遺言 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:紫金陳 早川書房 Amazon 地下鉄の駅で爆弾騒ぎを起こした男のスーツケースから元検察官・江陽(ジアン・ヤン)の遺体が発見された。男は著名な弁護士・張超(ジャン・チャオ)で、自分の教え子だった江陽の殺害を自…

真門浩平『バイバイ、サンタクロース~麻坂家の双子探偵~』(光文社)

バイバイ、サンタクロース~麻坂家の双子探偵~ 作者:真門 浩平 光文社 Amazon 特別に優秀な児童が通う帝都小学校で、群を抜く知能を持つ双子の兄弟、圭司と有人。刑事を父親に持つふたりはミステリが大好きで、身の回りに起こったさまざまな謎に挑戦する。…

深水黎一郎『エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ』(講談社ノベルス)

エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ (講談社ノベルス) 作者:深水 黎一郎 講談社 Amazon モディリアーニやスーチンら、悲劇的な生涯を送ったエコール・ド・パリの画家たちに魅了された、有名画廊の社長が密室で殺されるが、貴重な絵画は手…

ポール・ケイン『七つの裏切り』(扶桑社海外文庫)

七つの裏切り (扶桑社BOOKSミステリー) 作者:ポール・ケイン 扶桑社 Amazon レイモンド・チャンドラーが「ウルトラ・ハードボイルド」と評した幻の作家の代表作7編を収録した傑作集。町なかで別人と間違われて呼び止められた男。そのまま倒れこんでし…