平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

2024-01-01から1年間の記事一覧

『お笑いスター誕生!!』の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/star.html「お笑いスター誕生!!」新規情報を追加。おぼん・こぼんの医者と患者のコントの抜粋。その他小ネタです。

真門浩平『ぼくらは回収しない』(東京創元社 ミステリ・フロンティア)

ぼくらは回収しない (ミステリ・フロンティア) 作者:真門 浩平 東京創元社 Amazon 数十年に一度の日食が起きた日、名門大学の学生寮で女子学生が亡くなった。密室状態の現場から自殺と考えられたが、小説家としても活躍し、才気溢れた彼女が死を選ぶだろうか?…

ウィリアム・ケント・クルーガー『ありふれた祈り』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ありふれた祈り (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 22-1) 作者:ウィリアム・ケント・クルーガー 早川書房 Amazon 1961年、ミネソタ州の田舎町。13歳のフランクは、牧師の父と芸術家肌の母、音楽の才能がある姉や聡明な弟とともに暮らしていた。ある夏の日、思いが…

犯罪の世界を漂う

[更新]犯罪の世界を漂うhttps://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html 「死刑・犯罪文献を考察する」に本の感想を1冊追加。「ノンフィクションで見る戦後犯罪史」に事件概要を追加。 最近はなかなかこちらの方に手を出せていない。本棚などに並んでいるのだが…

ヤーン・エクストレム『ウナギの罠』(扶桑社ミステリー文庫)

ウナギの罠 (海外文庫) 作者:ヤーン・エクストレム 扶桑社 Amazon 「スウェーデンのディクスン・カー」と称された、ヤーン・エクストレムによる不可能犯罪の名品! ウナギ漁のための小部屋のような仕掛け罠のなかで、地元の大地主の死体が発見された。入り口…

馬伯庸『両京十五日 1: 凶兆』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

両京十五日1 凶兆 (ハヤカワ・ミステリ) 作者:馬伯庸 早川書房 Amazon 1425年、明の皇太子・朱瞻基は遷都を図る皇帝に命じられ、首都の北京から南京へと遣わされる。だが、長江を下り南京へと到着したその時、朱瞻基の船は爆破され、彼の命が狙われているこ…

「推理クイズ」の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/mystery-quiz/index.htm「このクイズの元ネタを探せ」に推理クイズを1問追加。

紫金陳『検察官の遺言』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

検察官の遺言 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:紫金陳 早川書房 Amazon 地下鉄の駅で爆弾騒ぎを起こした男のスーツケースから元検察官・江陽(ジアン・ヤン)の遺体が発見された。男は著名な弁護士・張超(ジャン・チャオ)で、自分の教え子だった江陽の殺害を自…

真門浩平『バイバイ、サンタクロース~麻坂家の双子探偵~』(光文社)

バイバイ、サンタクロース~麻坂家の双子探偵~ 作者:真門 浩平 光文社 Amazon 特別に優秀な児童が通う帝都小学校で、群を抜く知能を持つ双子の兄弟、圭司と有人。刑事を父親に持つふたりはミステリが大好きで、身の回りに起こったさまざまな謎に挑戦する。…

『お笑いスター誕生!!』の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/star.html「お笑いスター誕生!!」新規情報を追加。ミスター梅介の法律漫談です。

深水黎一郎『エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ』(講談社ノベルス)

エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ (講談社ノベルス) 作者:深水 黎一郎 講談社 Amazon モディリアーニやスーチンら、悲劇的な生涯を送ったエコール・ド・パリの画家たちに魅了された、有名画廊の社長が密室で殺されるが、貴重な絵画は手…

ポール・ケイン『七つの裏切り』(扶桑社海外文庫)

七つの裏切り (扶桑社BOOKSミステリー) 作者:ポール・ケイン 扶桑社 Amazon レイモンド・チャンドラーが「ウルトラ・ハードボイルド」と評した幻の作家の代表作7編を収録した傑作集。町なかで別人と間違われて呼び止められた男。そのまま倒れこんでし…

フレデリック・フォーサイス『ネゴシエイター』上下(角川文庫)

ネゴシエイター 上 (角川文庫 赤 フ 6-11) 作者:フレデリック・フォーサイス KADOKAWA Amazon ネゴシエイター 下 (角川文庫 赤 フ 6-12) 作者:フレデリック フォーサイス KADOKAWA Amazon 石油資源は確実にあと数年で枯渇する────モスクワとヒューストンで、…

吉田修一『怒り』上下(中公文庫)

怒り (上) (中公文庫) 作者:吉田修一 中央公論新社 Amazon 怒り (下) (中公文庫) 作者:吉田修一 中央公論新社 Amazon 若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として…

『お笑いスター誕生!!』の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/star.html「お笑いスター誕生!!」新規情報を追加。イッセー尾形の一人コントです。

[本][感想]デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』(ハヤカワ文庫NV)

卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV) 作者:デイヴィッド ベニオフ 早川書房 Amazon 「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」作家のデイヴィッドは、祖父レフの戦時中の体験を取材していた。ナチス包囲下のレニン…

犯罪の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「無期懲役判決リスト 2024年度」に2件追加。「各地裁別最新死刑・無期懲役判決」を更新。「求刑死刑・判決無期懲役」に2件追加。 出張が長引いて、全然更新できませんでした。疲れた……。

貴志祐介『兎は薄氷に駆ける』(毎日新聞出版)

兎は薄氷に駆ける 作者:貴志 祐介 毎日新聞出版 Amazon ある嵐の晩、資産家男性が自宅で命を落とす。死因は愛車のエンジンの不完全燃焼による一酸化炭素中毒。容疑者として浮かんだ被害者の甥、日高英之の自白で事件は解決に向かうと思われたが、それは15年…

芦辺拓・江戸川乱歩『乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび』(KADOKAWA)

乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび【電子版特典付き】 (角川書店単行本) 作者:芦辺 拓,江戸川 乱歩 KADOKAWA Amazon あの中絶作を書き継ぎ完結させる! そして物語はさらなる仕掛けへ… 江戸川乱歩が昭和8年に鳴り物入りで連載開始した「悪霊」は、傑作となるは…

神保喜利彦『東京漫才全史』(筑摩書房 筑摩選書)

東京漫才全史 (筑摩選書) 作者:神保喜利彦 筑摩書房 Amazon 現在も人気のある日本の伝統的芸能「漫才」には「お笑い論」の書籍は数多く存在するが、「漫才」の、特に東京を地盤とした漫才の歴史に関する書籍は数少ない。この「東京漫才」に焦点を当て、漫才…

阿津川辰海『黄土館の殺人』(講談社タイガ)

黄土館の殺人 〈館四重奏〉 (講談社タイガ) 作者:阿津川辰海 講談社 Amazon 殺人を企む一人の男が、土砂崩れを前に途方にくれた。復讐相手の住む荒土館が地震で孤立して、犯行が不可能となったからだ。そのとき土砂の向こうから女の声がした。声は、交換殺人…

犯罪の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html 「ノンフィクションで見る戦後犯罪史」を更新。 9か月ぶりの更新。最近手付かずだったが、桐島容疑者の件はさすがに更新しておこうと思った。書類送検されるまで待っていましたが。

犯罪の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「無期懲役判決リスト 2024年度」に1件追加。「各地裁別最新死刑・無期懲役判決」を更新。

わかつきめぐみ『古道具よろず屋日乗』(花とゆめコミックススペシャル)

古道具よろず屋日乗 (花とゆめコミックススペシャル) 作者:わかつきめぐみ 白泉社 Amazon 何かが憑いてるわけアリの品を預かり、憑き物が落ちたら持ち主に返す。そんな不思議な古道具屋さんがありました。今日も新米主人の冬耶は、先代からの女中のトメにど…

京極夏彦『鵼の碑』(講談社ノベルス)

鵼の碑 (講談社ノベルス) 作者:京極 夏彦 講談社 Amazon 殺人の記憶を持つ娘に惑わされる作家。消えた三つの他殺体を追う刑事。妖光に翻弄される学僧。失踪者を追い求める探偵。そして見え隠れする公安の影。発掘された古文書の鑑定に駆り出された古書肆は、…

『お笑いスター誕生!!』の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/star.html「お笑いスター誕生!!」新規情報を追加。田村真一郎のネタです。

犯罪の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「無期懲役判決リスト 2024年度」に1件追加。「各地裁別最新死刑・無期懲役判決」を更新。

ジェフリー・ディーヴァー『石の猿』上下(文春文庫)

石の猿 上 (文春文庫) 作者:ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋 Amazon 石の猿 下 (文春文庫) 作者:ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋 Amazon 中国の密航船が沈没、10人の密航者がニューヨークへ上陸した。同船に乗り込んでいた国際手配中の犯罪組織の大物“…

芦辺拓『三百年の謎匣』(角川文庫)

三百年の謎匣 (角川文庫) 作者:芦辺 拓 KADOKAWA Amazon 億万長者の老人が森江法律事務所へ遺言書作成の相談に訪れた帰途、密室状態の袋小路で殺害された。遺されたのは世界に一冊の奇書と莫大な遺産。森江春策がその本をひもとくと、多彩な物語が記されてい…

メアリ・H・クラーク『誰かが見ている』(新潮文庫)

誰かが見ている (1979年) (新潮文庫) 作者:メアリ・H.クラーク Amazon 二年半前に最大の妻ニーナを殺されたスティーヴは、今また一人息子と恋人を誘拐された。犯人はフォクシーと名のる正体不明の男で、二人はニューヨーク・グランド・セントラル駅地下の一…