平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

市川憂人『神とさざなみの密室』(新潮社)

神とさざなみの密室

神とさざなみの密室

 

  和田政権打倒を標榜する若者団体「コスモス」で活動する凛は、気付くと薄暗い部屋にいた。両手首を縛られ動けない。一方隣の部屋では、外国人排斥をうたう「AFPU」のメンバー大輝が目を覚ましていた。二人に直前の記憶はなく、眼前には横たわる死体。誰が、何のために、敵対する二人を密室に閉じ込めたのか? そして、この身元不明死体の正体は? 真の民主主義とは何か? 人は正しい道を選べるのか? 日本はどこへ向かっているのか?(帯より引用)
 2019年9月、新潮社より書き下ろし刊行。

 

 国民黎明党の和田要吾が首相になって8年。悲願の憲法改定に向け、国民投票法を改定しようとしていた。反対運動を続ける「コスモス」の主要メンバー、大学二回生の三廻部凜。在日外国人を糾弾する「AFPU」のメンバーでありネトウヨでもある渕大輝。二人は隣り合う密室に閉じ込められていた。それぞれの目の前には、顔の焼けただれた、身元不明の死体。
 〈マリア&漣〉シリーズとは異なり、現実に即した世界観。モデルはあの人でしょ、というのがすぐにわかってしまう世界観もどうかと思うし政治団体にしても同様。登場人物の思想にしても薄っぺらさしか見えてこないのだが、まあ政治小説ではないし、今時の若者を取り上げるのなら逆にこれぐらいのほうがいいのか。だけどそれが小説の半分ぐらいまで読まされるのはきつすぎる。もっと手短にまとめられなかったのか。帯の「この部屋と、民主主義という密室から脱出せよ!」は煽りすぎ。作者の意図は入っていないと信じたいが、民主主義が密室なら、社会主義になるしかないんだぞ(ってのも違うか)。
 密室の謎については、偶然の要素に頼っていて面白くない。犯人の設定もどうかと思うが、スマホがつながっていて、凜のフォロー相手で顔も素性も知らないネット論客が事件の謎を解くという設定も、不確実すぎる。まあ犯人から見たら凜や大輝がどうなるかなんて考えているわけでもないだろうし、“本格ミステリの謎解き”のようになってしまうのも意図しないことだろうから、それを言っちゃおしまいなんだろうが。謎を解く人物も消去法で予想がつくのだが、違和感しか残らないのも残念。あえて皮肉な部分を足そうとしたのだろうけれども。
 言っちゃえば、こんな本格ミステリは読みたくなかった。なんというか、痛い。それもミステリ以外の部分が特に。シチュエーションの選択ミス。それに尽きる。

トム・ロブ・スミス『エージェント6』(新潮文庫)

エージェント6(シックス)〈上〉 (新潮文庫)

エージェント6(シックス)〈上〉 (新潮文庫)

 
エージェント6(シックス)〈下〉 (新潮文庫)

エージェント6(シックス)〈下〉 (新潮文庫)

 

  運命の出会いから15年。レオの妻ライーサは教育界で名を成し、養女のゾーヤとエレナを含むソ連の友好使節団を率いて一路ニューヨークへと向かう。同行を許されなかったレオの懸念をよそに、国連本部で催された米ソの少年少女によるコンサートは大成功。だが、一行が会場を出た刹那に惨劇は起きた――。両大国の思惑に翻弄されながら、真実を求めるレオの旅が始まる。驚愕の完結編。(上巻粗筋紹介より引用)
 1980年。ニューヨーク行きの野望を断たれたレオは、ソ連軍の侵攻したカブールで、設立間もないアフガニスタン秘密警察の教官という職に甘んじている。アヘンに溺れる無為な日々がつづくが、訓練生ナラを伴ったある捜査で彼女とともにムジャヒディン・ゲリラに囚われてしまう。ここにいたって、レオは捨て身の賭けに出た。惜しみない愛を貫く男は何を奪われ、何を与えられるのか?(下巻粗筋紹介より引用)
 2011年7月、イギリスで刊行。2011年9月、新潮文庫より翻訳刊行。

 

 『チャイルド44』『グラーグ57』に続くレオ・デミドフ三部作完結編。1950年のレオとライーサの出会い。15年後のニューヨークで発生したある事件。さらに15年後、アフガニスタン紛争が始まったカブールでアフガニスタン秘密警察の教官として働くレオに降りかかる事件。大国の思惑に振り回されるレオ。
 この三部作を通して読むと、よくぞまあレオ・デミドフが粛清されなかったものだと驚くばかり。当時のソ連なんて、ちょっとした反乱分子でもすぐに処刑していたようなイメージがある。小説上の都合はともかく、本作ではソ連以外にもアフガニスタンやニューヨークまで舞台が飛び、大国の思惑に翻弄されるレオ・デミドフの数奇な運命が描かれる。とっくの昔にくたばっていてもおかしくないレオが生き続けるのは、ライーサへの愛。そして家族への想い。ソ連という国の表と裏を描きつつ、家族愛というテーマで壮大な三部作を書いたことは素直に評価されるべきだろう。
 それ以外の点については、ご都合主義というしかないけれど、もうここまで来ればそれでいいよ、とは言いたくなる。ここまで国に振り回されて、生き延びたのだから。

犯罪の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html

無期懲役判決リスト 2019年度」に2件追加。

 芥川誠被告は逮捕から初公判まで3年近くかかったのはなぜなんだろう。そんなに争点があるとも思えないんだけれど。

稲見一良『男は旗』(光文社文庫)

男は旗 (光文社文庫)

男は旗 (光文社文庫)

 

  かつて“七つの海の白い女王”と歌われたシリウス号。客船としての使命を終え、今は船上ホテルとして第二の人生を送っていた。ところが経営難から悪徳企業に買収される羽目に。しかしひと癖もふた癖もあるクルーたちが納得するはずがない。やがて謎の古地図に示された黄金のありかを捜し求めて、ふたたび大海原へと出航! 爽快かつファンタジックな冒険譚。(粗筋紹介より引用)
 前半「男は旗――プレス・ギャングの巻」は『小説新潮』1991年11月号掲載。後編「宝島の巻」を書き下ろし、1994年2月、新潮社より単行本刊行。1996年12月、新潮文庫化。2007年3月、光文社文庫化。

 

 解説を読むと、もともとは前半の「プレス・ギャングの巻」だけで完結させる予定だったらしい。ところが編集者が作者の了解を得ず、副題の「プレス・ギャングの巻」を付けたとのことである。そんな勝手が許されるのか、ということはともかく、これに関してはよくやったといいたい。おかげでさらに面白い物語を読むことができたのだから。作者は出版された9日後に亡くなっている。船のモデルは、沼津に係留されている船上ホテル兼レストラン、スカンジナビア号とのこと。主役の船長・安楽も、実在の人物がモデルである。
 はっきり言ってしまえば、ファンタジー冒険。こんなに都合よく物事が進むはずもないし、うまくいくはずもない。それでも読者は物語に酔いしれる。ロマンを求めたクルーたちの冒険を。もうこればかりは、素直に小説世界に没頭すればよい。そしてスカッとすればよい。現実の鬱陶しさを忘れ、楽しめればよい。大藪春彦ユートピア願望に近い気もするけれど。
 魅力的な登場人物、魅力的な舞台、そして魅力的な船と海。世界はまだまだロマンと冒険に満ち溢れ、生きることの楽しさと充実感を教えてくれる一冊である。あとはもう、余計な言葉はいらないかな。

若竹七海『静かな炎天』(文春文庫)

静かな炎天 (文春文庫)

静かな炎天 (文春文庫)

 

  ひき逃げで息子に重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く(「静かな炎天」)。イブのイベントの目玉である初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日(「聖夜プラス1」)。タフで不運な女探偵・葉村晶の魅力満載の短編集。 (粗筋紹介より引用)
 バスとダンプカーの衝突事故を目撃した晶は、事故で死んだ女性の母から娘のバッグがなくなっているという相談を受ける。晶は現場から立ち去った女の存在を思い出す……「青い影 7月」
 かつて息子をひき逃げで重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。晶に持ち込まれる依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く……「静かな炎天 8月」
 35年前、熱海で行方不明になった作家・設楽創。その失踪の謎を特集したいという編集者から依頼を受けた晶は失踪直前の日記に頻繁に登場する5人の名前を渡される。……「熱海ブライトン・ロック 9月」
 元同僚の村木から突然電話がかかってきた。星野という女性について調べろという。星野は殺されており、容疑者と目される男が村木の入院する病院にたてこもっていた。……「副島さんは言っている 10月」
 ハードボイルド作家・角田港大の戸籍抄本を使っていた男がアパートの火事で死んだ。いったいこの男は何者なのか?……「血の凶作 11月」
 クリスマスイブのオークション・イベントの目玉になる『深夜プラス1』初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日を描く「聖夜プラス1 12月」。(以上、「BOOK」データベースより引用)
 『別冊文藝春秋』2015年に掲載された短編に書き下ろし「血の凶作」と「富山店長のミステリ紹介ふたたび」を含み、2016年8月、文春文庫オリジナルとして発売。

 

 タフだが不運続きのフリーの探偵、葉村晶シリーズ第四作。とはいえ、これには最初に出てくる『プレゼント』が入っていな勘定になっているんだな。古本屋でバイトをするようになってからは初めて読むけれど、別に前作を読んでいなくても全然問題なく作品世界に入り込める。
 ユーモアに隠されたほろ苦さ、相も変わらずの若竹節。タフさや行動力、シニカルな視点など、海外で流行った女探偵ものとの接点も多いけれど、自身の恋愛ネタが一切ないのは読んでいて逆にほっとする。
 とはいえ、なんとなく読んだら終わり、という感もあるんだよね。葉村という探偵の本領発揮は、短編よりも長編のほうが似合っている気がする。面白かったけれどね。

 

 

 電池切れの状態です。ボロボロです。体が痛いです。1日ぐらいの休みだと、ダメージは回復しないですね。しかし2日でも回復しないし、もう体力そのものがないんでしょう。同年代の他の人はまだまだ元気なので、若いうちに体を鍛えていなかったつけがまわっているということ。