平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

新名智『虚魚』(KADOKAWA)

“体験した人が死ぬ怪談”を探す怪談師の三咲は、“呪いか祟りで死にたい”カナちゃんと暮らしている。幽霊や怪談、呪いや祟り、オカルトや超常現象。両親を事故で亡くした日から、三咲はそんなあやふやなものに頼って生きてきた。カナちゃんとふたりで本物の怪談を見つけ出し、その怪談で両親を事故死させた男を殺すことが、いまの三咲の目標だ。
 ある日、「釣り上げた人が死んでしまう魚がいる」という噂を耳にした三咲は、その真偽を調べることにする。ある川の河口で似たような怪談がいくつも発生していることがわかり、ふたりはその発生源を求めて、怪異の川をたどっていく。“本物”の怪談に近づくうち、事情を抱えるふたりの関係にも変化がおとずれて――。(粗筋紹介より引用)
 2021年、第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞<大賞>受賞。加筆修正のうえ、2021年10月、単行本刊行。

 

 作者の新名智(にいな さとし)は1992年、長野県生まれ。ワセダミステリクラブ出身で現在は会社員。学生時代に初めて書いた長編小説がとある賞の最終選考に残ったことがあるとのこと。社会人になってからは、二次創作をコミケに出していたという。
 虚魚(そらざかな)とは ①釣り人が自慢のために、釣り上げた魚の数や大きさなどを、実際よりも大きく言うこと。また、その魚。②(主に釣り人同士の)話の中には登場するが、実在しない魚。 のことを言うらしい。ただ、ネットの国語辞書を探しても出てこなかった。
 主人公の丹野三咲は怪談師。美人女子大生怪談師としてデビューしてから七年。11歳の時に交通事故で両親を失い、事故を起こした人物を祟りで殺すために怪談を捜している。一年以上同居しているカナちゃんは自殺志願者で、呪いか祟りで死にたいと言い、三咲が怪談を探すのを手伝っている。これもまた共存といっていいのだろうか、とは思うが、何とも不思議な二人の関係性ではある。そんな二人のやり取りは、気怠そうにしているにもかかわらず面白い。そんな二人が、釣りあげた人が死んでしまう魚がいるという怪談を聞き、静岡へ向かう。
 苦肉の策で誕生したと思われる横溝正史ミステリ&ホラー大賞。横溝正史は怪奇作品も書いているのだから、元の横溝正史賞に戻せばいいじゃないか、と思ってしまうのは私だけではないはず。それに「ミステリ&ホラー」というのが苦手。ホラー風味が欠片もないミステリ作品を送りにくくしているとしか思えないのだが。
 ところが本作は、ミステリとホラーの両要素がやじろべえのようにあっちこっちふらふらしながら、進んでいく。そのバランス感覚が絶妙。登場人物は過不足なく、描写も悪くない。文章にも無駄はなく洗練されており、構成もすっきりしている。残念なのは、選考でも黒川博行が指摘しているが、ストーリーに起伏が乏しいこと。そのせいか、短めの長編なのに中弛みしている。その大きな原因は、これまた黒川の指摘通り、途中で出てくる怪談が怖くないことだ。ここが直っていれば、この作品の評価もさらに上がっていただろう。
 才能が感じられる作家なので、次作に期待したい。三作目ぐらいで大化けの予感がする。

『お笑いスター誕生!!』の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/star.html
お笑いスター誕生!!」新規情報を追加。タージン桃山学院大学ネタです。

 

『Number』のM-1グランプリ特集を読んでいて、DJ KOOが「お笑い好きが昂じて19歳の時にはお笑いスター誕生!!にチャレンジ。2回戦で敗退している」と書かれていたのでびっくりした。時期的には1980~1981年。該当者がいないぞ、と思いながらネットで検索してみたら、『笑ってる場合ですよ!!』だった。ああ、びっくりした。

ジェフリー・ディーヴァー『バーニング・ワイヤー』上下(文春文庫)

 突然の閃光と炎。それが路線バスを襲った。送電システムの異常により変電所が爆発したのだ。電力網を操作する何者かによって引き起こされた攻撃だった。FBIは科学捜査の天才リンカーン・ライムに捜査協力を依頼する。果たして犯人の目的は何か? 人質はニューヨーク――史上最大の犯罪計画に、ライムと仲間たちが挑む!(上巻粗筋紹介より引用)
 ニューヨークへの送電を半減させろ。それが犯人の要求だった。だがそれは大停電を引き起こすことになる。殺戮の刻限が迫る中、必死の捜査を続けるライムは、メキシコに出現したウォッチメイカー逮捕作戦の指揮もとらねばならない。二つの大事件に立ち向かう名探偵ライム! 大スケールで贈るシリーズ第9作。(下巻粗筋紹介より引用)
 2010年発表。2012年10月、文藝春秋より単行本刊行。2015年11月、文庫化。

 

 リンカーン・ライム・シリーズ9作目。ニューヨークへの送電を半分にしろという途方もない要求をする犯人と対峙。一方、メキシコではあのウォッチメイカーが現れたので、遠方から逮捕作戦の捜査の指揮を執る。なんともまあ、盛りだくさんの内容となっている。
 上巻は電気の基礎知識の話が多く、面白みに欠ける。感電のところなど、そんなことも知らないのかと思いながら読んでみたら、考えてみるとそういうものなのかもしれない。二度目の事件が起きたあたりからようやく話が盛り上がり、ディーヴァーらしいジェットコースター級の展開が待ち受ける。これでこそディーヴァーだよ、と思うものの、なんとなくいつも通り、ワンパターンな形式じゃないかとも思ってしまうのも気のせいではないだろう。
 だからといって面白くないわけではなく、とくに下巻からは話の筋に引き込まれて目が離せない。やはりお馴染みの面々が活躍する姿は、読んでいてとても楽しい。そこにライム自身の物語が少し絡むことで、作品にいつもと違うスパイスを加味しているところもさすがだ。作者の電気社会に対するちょっとした批判も、定型的なものではあるが面白い。
 ただ、ウォッチメイカーの使い方は、ちょっと勿体ない気がした。これだけの人物をこういう使い方をするのか、という残念な気持ちもある。ライムとの対決は、もっと頭脳戦になってほしかったと思うのは、私だけではないだろう。
 どこから読んでも楽しめる作者だが、やはり最初から順に読むべきだよなとは今更ながら実感した。作品世界の時はしっかり流れている、そんなことを思わせる作品でもあった。それは読者だけがわかる感慨だろう。

 

 

 出張続きで、今週の事件関係は全然まとめていないので、そちらの方の更新は明日になります。

 出張中の新幹線で本を読めなくなったのは、年を取った証拠ですかね。

芦辺拓『裁判員法廷』(文春文庫)

 ある日、あなたのもとに届いた一通の呼出状。それはあなたが裁判員候補者として選ばれたという通知だった。もちろん裁判など初めての体験。芒洋とした弁護士、森江春策と女性敏腕検事、菊園綾子が火花を散らす法廷で、あなたは無事評決を下すことができるのか。本邦初の“裁判員”ミステリー、ここに開廷。(粗筋紹介より引用)
 『オール讀物』2006年4月号掲載の「審理」(発表時「裁判員法廷二〇〇九」)、『J-novel』2006年10、11月号掲載の「評議」(発表時「評議―裁判員法廷二〇〇九」)に書下ろし「自白」を加え、2008年2月、文藝春秋より単行本刊行。2010年5月、文庫化。

 

 2009年に施行された裁判員裁判制度を取り扱った、本邦初の小説集とのこと。ただ「初めて」というのならば単なる早い者勝ちというだけのことではあるが、まだ施行される前に題材に取り入れたというのは、評価すべき点であろう。それも、裁判員裁判本格ミステリを書こうなんて、無茶なことをするなと思いながら読み始めた。
 「審理」はビル内での殺人事件で無罪を主張する被告人を間に、検事と弁護士が対決する。「評議」は重要な証人が来ないまま最終弁論を聞き、裁判員たちが討議する。「自白」は文芸ブローカーとして悪評の高い小説家の殺人事件における裁判員裁判で、被告人は認否で犯行を認めるも、弁護人は無罪を訴える。
 裁判員裁判の施行前だからとも思えないような突っ込みどころが色々あり、読んでいて戸惑った。
 「審理」では、森江が論告直前に新たな証人申請を行って認められている。さすがにこれは小説内で指摘されているが、現実には難しいだろう。それよりも不思議なのは、ある重要な事実を裁判員がぎりぎりまで気づいていない点である。さすがにこれは、検察側が初めに話しているだろう。
 「評議」ではある証人が出廷しないまま論告が行われるが、これはさすがに有り得ないのではないか。それに不思議なのは、論告求刑公判と評議と判決が同じ日に行われていることである。被告人が無罪を主張する裁判で、いや、殺人で起訴された裁判でこれは絶対に有り得ない。
 「自白」では裁判とは違うが、パトロールしている警察官が時間をチェックしないはずがないと思う。まあ、これは大した傷ではないが、最後の謎解きは偶然に頼る部分があってちょっと苦しい。
 ただ、裁判員裁判本格ミステリを書こうとした努力は認めるべき。普通だったら公判前整理手続きで争点が絞られてしまうから、ドラマティックな推理が出てくる余地を見つけるのは非常に難しい。これだけの仕掛けを盛り込むには、非常に苦労したことと思う。「あなた」と呼び掛ける形式も最初は戸惑ったが、読み終わっているとよく考えられていると思った。この手の法廷ものなら、裁判員裁判の制度の不備を突くような作品を書きそうなものだが、そんな在りがちな方へ向かわなかったのは嬉しかった。読んでみる価値のある一冊だと思う。
 「自白」に出てくる小説家のモデルは、たぶん作者の頭の中であるのだろうなあと思ってしまった。誰だか聞いてみたいものだ。