平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

米澤穂信『黒牢城』(角川書店)

 本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の到達点。『満願』『王とサーカス』の著者が挑む戦国×ミステリの新王道。(帯より引用)
 『文芸カドカワ』『カドブンノベル』に2019年、2020年に章ごとに集中連載。加筆修正後、2021年6月、単行本刊行。

 

 織田方の使者として有岡城に現れた小寺官兵衛、元の名を黒田官兵衛は、荒木村重に「この戦は勝てない」と告げる。村重は官兵衛を返さず、しかし殺さず土牢に閉じ込める。それは武門の定めに反することであった。「序章 囚」。
 大和田城を任していた安部兄弟の息子、二右衛門が、戦いもせず織田に下り開城した。人質として取っていた息子の自念を殺すべきところを、村重は軍議で牢につなぐと告げる。刃物はすべて奪い、竹牢ができるまで奥の納戸に閉じ込めるも、翌日の朝、自念は殺害された。矢傷はあったが弓矢はない。納戸の外の庭は雪に覆われて足跡はなく、納戸につながる廊下は村重が信頼する部下が複数で見張っていた。「第一章 雪夜灯篭」。
 有岡城の東の沼地に、柵地で囲われた陣があった。布陣したのは」織田信長馬廻のひとりである大津伝十郎。抜け駆けと判断した村重は御前衆を率い、外様の高槻衆と、大坂本願寺の指図に従って有岡城に入った雑賀衆を連れ、大津陣に夜討ちをかけた。見事に成功し、村重は勝鬨を上げた。雑賀衆と高槻衆はそれぞれ若武者と老武者の兜首を取っていた。そこへもたらされた「御大将お討ち死に」の情報。若武者の首のどちらかが大将首と思われたが、それがわからない。しかも夜が明けると、片方の首が憎しみに満ちた形相の首に入れ替わっていた。「第二章 花影手柄」。
 夏になって籠城が半年過ぎ、城内も気が緩みがちとなっていた頃、廻国の僧である無辺が村重のもとへ帰ってきた。明智光秀に降伏の口利きを頼む書状を持って行ったものの、家老の斎藤利三に門前払いされた。しかし言伝として、人質の代わりに世に広く知られた茶壷の名物「寅申」を寄こすようにとのことだった。村重は了承し、新たな書状と「寅申」を無辺に渡す。その夜、無辺が殺害され、さらに宿っていた庵を警護していた御前衆の一人、秋岡四郎介が後ろから斬られて死んでいた。しかし草野のただ中で遣い手である秋岡の刀を抜かせず後ろから斬ることなどありえない。誰がどうやって二人を殺したのか。「第三章 遠雷念仏」。
 実りの秋となり、籠城も一年を迎え膠着状態となり、城内も気の緩みが目立つようになった。村重の言葉は諸将に届かず、村重自身も焦りが出ていた。先の事件に疑問を抱いた村重は、またも牢の中にいる官兵衛と話を交わすこととする。「第四章 落日孤影」。
 村重が城を出てからの後日譚。「終章 果」。

 

 織田信長重臣であった荒木村重が、いきなり謀反を起こした理由はいまだに謎のままである。そして、官兵衛が殺されずに幽閉された理由も明らかになっていない。作者はそんな歴史の謎に一つの解決を与えるべく、有岡城で起きた不可解な事件の謎解きを通しながら、二人の戦いを描いてゆく。
 なんといっても、歴史的に確定した事実の裏側を紐解くその発想にただ脱帽。しかも当時ならではの不可能犯罪と謎解きを絡める本格ミステリとしての面白さ。さらに当時の戦国武将ならではの心根や戦を描き切っているのだから、もはや言うことなし。本当にすごい。歴史上の謎と本格ミステリならではの謎をここまで密接に絡め、そして人物描写や背景描写に優れた作品はないだろう。傑作の一言。作者の代表作になるだろう。
 この作品の発想の元ネタは、『真田丸』のあのエピソードだろうか。どこから発想を得たのか、聞いてみたい。

わかつきめぐみ『わかつきめぐみ迷宮探訪』(白泉社 Treasure Album)

 1982年のデビュー以来、繊細な絵柄と独特の感性・作風で読者から愛され続ける少女まんが家・わかつきめぐみ。 新作を含む描きおろしコミック、豊富なカラーイラストギャラリー、自作解説つき作品紹介・作者ロングインタビューなどによって、その軌跡と素顔、作品の魅力を浮き彫りにします。(粗筋紹介より引用)

 わかつきめぐみインタビュー、自作解説つき作品紹介+セルフ記録執筆作品リスト+単行本リスト、イラストギャラリー、描き下ろしコミックという内容。ロングインタビューは知らない話でいっぱい。おすすめ本15冊はどれも読んでいないなあ。別版で久生十蘭ぐらいか。作品紹介やイラストは、懐かしいものでいっぱい。思わず過去作品、全部読み返してしまいましたよ。
 そしてなんといっても新作描き下ろし。『月は東に日は西に』12ページ、『So What?』12ページ、新作『古道具よろず屋日乗』55ページ。もう涙、涙。やっぱり面白いし、ほっこりするし。絵はやっぱり変わっているけれど、楽しい会話のやり取りは変わらないな。まだまだ描いてよ、って言いたくなってしまいました。わかつきめぐみって、また会いたいキャラクターが多いんですよ。主様シリーズも読みたいし、シシにも会いたい。「ぼくのとなり」シリーズも読みたい。夏目家の続きも知りたい。『ぱすてるとーん通信』もどうなったか知りたい。いやおなか満腹になる前で止めるのがお話として綺麗に終わっているのも事実なんだけど。あ、それと読み切り短編物も読みたいな。
 そして新作。これで一編として読めるけれど、あちらこちらに秘密がいっぱい、謎がいっぱい。もう続編を待つしかないよね。
 ということでデビュー40周年。楽しくて素晴らしい本を読ませていただきました。まだまだ描いてほしいよね。やっぱり『水のソルティレージュ』は無理ですか、そうですか(泣)。

 

 久しぶりに漫画の感想書いたな。読んでいないわけではないですが、やっぱり減っています。

 Treasure Albumって新レーベルだけど、当時から活躍している漫画家を特集してくれるんだろうなあ。成田美名子とか久しぶりに読んでみたい気がする(連載しているのは知っていますが……)。

 

犯罪の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html
「求刑無期懲役、判決有期懲役 2021年度」に1件追加。
 ええっと、裁判のことについて書かれた新聞記事が全然見当たりません(明日ぐらいにはあるかな)。薬物絡むと、記事が一気に減るんですよね。特に外国人絡みだと。記者も興味がないんだろうなあ。

榊林銘『あと十五秒で死ぬ』(東京創元社 ミステリ・フロンティア)

  死神から与えられた余命十五秒をどう使えば、私は自分を撃った犯人を告発し、かつ反撃ができるのか? 一風変わった被害者と犯人の攻防を描く、第12回ミステリーズ! 新人賞佳作入選「十五秒」。犯人当てドラマの最終回、目を離していたラスト十五秒で登場人物が急死した。一体何が起こったのか? 姉からクイズ形式で挑まれた弟の推理を描く「このあと衝撃の結末が」。〈十五秒後に死ぬ〉というトリッキーな状況で起きる四つの事件の真相を、あなたは見破れるか? 期待の新鋭が贈る、デビュー作品集。(粗筋紹介より引用)
 2021年1月、刊行。

 

 主人公の目の前に死神が現れた。自分はピストルで撃たれ、あと十五秒で死ぬところだという。いわゆる走馬灯の時間をサービスするという死神にお願いし、主人公は犯人への反撃を始める。わずか十五秒で何ができるのか。2015年、第12回ミステリーズ! 新人賞佳作入選作「十五秒」。考える時間はあるが、動ける時間はわずか十五秒。被害者が犯人へ反撃するというアイディアは面白い。『死神くん』の方向に行かなくてよかった。ワンアイディアと言ってしまえばそれまでだが、タイムリミテッドサスペンスの究極の形の一つだろう。
 姉が大ファンである連続テレビドラマの最終回を一緒に見ていた中学生の弟。弟はエンディング寸前でテレビから離れて席を立ったが、用を済ませて帰ってくると重要登場人物がなぜか死んでいた。テレビから離れたわずか十五秒で、どんなドラマがあったのか。答えを教えない姉の挑発に乗った弟は、過去のストーリーから推理を始める。「このあと衝撃の結末が」。ドラマ自体がタイムスリップを扱った推理ものになっているせいか、推理クイズみたいな落ちの作品。まあ、確かにテレビでこれをやれば、twitterなどで話題にはなるだろうと思う。
 母と二人暮らしの娘が毎日見る、車の助手席で目覚め、母が何かを伝えた後に大型トラックが突っ込んでくる悪夢。この十五秒の悪夢の正体は何か。そして少しずつ二人の暮らしが変わっていく。書下ろしの「不眠症」。前二作とは全くムードの違う、幻想的な作品。十五秒の設定としては一番弱いが、その趣向を考えない短編として読むと、これは結構いいぞ。
 赤兎島の住民は、首と胴体を切り離されても、十五秒以内にくっつければ死なない特異体質を持っている。自分の胴体ではなく、他人の胴体でも大丈夫。そして大祭の翌日、一人の若者の焼け焦げた首無し死体が発見される。島に住む三人の高校一年生の一人と思われたが、事件後に三人とも目撃された証言が現れる。そして時は戻り、被害者と思われた三人の一人による、事件の状況が語られる。書下ろしの「首が取れても死なない僕らの首無殺人事件」。すごいバカバカしい設定ではあるが、そういうものだと思って読むと、結構ブラックユーモア的な面白さがある。最後に一気呵成の犯人当てが待ち受けており、意外な本格推理ものになりつつ、最後のドタバタ劇が笑える。

 「あと十五秒で死ぬ」という設定を用いた四作の短編集。多分最初の作品を書いた時はそんなことを考えていなかったと思うけれど、そんな設定を、しかも作風を変えて四作そろえるというのはなかなかの腕。ちょいと設定の説明がだらだらしているな、というところはあるけれど、結末に至る流れは面白い。「首が取れても死なない僕らの首無殺人事件」のバカバカしさは、特殊設定状況下本格ミステリ短編として語られてもいいものと思うし、「不眠症」のムードもなかなか。ただこの作者、次作を書くのが非常に難しそう。毎回毎回この傾向の短編集を書くわけにはいかないだろうし。
 面白かったけれど、なんとなく一発屋の雰囲気が漂う作品集。次作があることを希望したい。

メアリ・ヒギンズ・クラーク『あなたに会いたくて』(新潮文庫)

  TV局記者のメガンは、取材先の病院で自分そっくりな女性と遭遇した。通り魔の被害者で間もなく死亡したが、その夜メガンは「あれは間違いだった」という不気味なファックスを受け取る……。体外受精で実績を誇るこの病院では不祥事が続き、胎芽を扱う医師の身分詐称も判明した。彼女の身元保証は、メガンの父の会社が行なっており、父は帰宅途中の事故で、行方不明のままだ――。
 1993年、アメリカで発表。1997年10月、邦訳文庫本刊行。

 

 サスペンスの女王と呼ばれたクラークの第十一長編。いくつもの事件が絡み合いながらも、ドラマのような展開でテンポよく流れるので、あっという間に読むことができる。ただ、あまり心に残らなかったな。なんでだろう。すんなり読めるからかも。テーマ自体は執筆当時の重いものなんだけど。
 とりあえずページをめくっていって、終わってしまった印象しかない、ごめん。