平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

ロバート・ゴダード『蒼穹のかなたへ』上下(文春文庫)

 讒言で会社を追われ、元の部下で現国防次官ダイサートの世話でロードス島の別荘番として酒と倦怠の日々を送る中年男ハリーの前に現れたのは清楚な娘ヘザー。ギリシャの風に吹かれる夢のような毎日。だがヘザーの突然の失踪。なぜなのだ? 苦しい疑問を解くべく祖国イギリスに立ち帰ったハリーを待ち受けていた大いなる陰謀。(上巻粗筋紹介より引用)
 ギリシャロードス島山頂付近で姿を消した娘ヘザーの謎を解くべくイギリスへ戻ったハリーの前に立ちはだかる疑惑の壁。だが、戦友にだまされ、上司の息子の讒言で会社を追われ、酒に溺れる冴えない中年男にも骨はあった。次第に明らかになる大いなる陰謀とは? 人の善意の恐さを語って尽きない鬼才が展開するゴシック・ロマン。(下巻粗筋紹介より引用)
 1990年、イギリスで発表。1997年8月、邦訳刊行。

 

 久方ぶりのゴダードの傑作をダンボールの奥底から取り出す。もう20年以上前になるので、毎度のことながら、いつなぜ買ったのかの記憶すらない。
 9年前から英国の下院議員の別荘の管理人としてギリシャに住む53歳、独身のハリー・バーネットの元へ、27歳のヘザー・マレンダーが現れる。ハリーはかつて、ヘザーの父と友人で、一緒に働いていた。数日後、ドライブの途中でヘザーが失踪した。警察はハリーを疑うも、証拠がなく放免される。ハリーは疑問を解くため、イギリスに戻る。
 まあ、ここまではいいんだけど、こんな冴えない中年男に色々と話すかね……。訪問した瞬間に追い出されるとしか思えないのだが。それは冗談として、上巻はひたすらハリーが動き回るだけで、会話や説明がくどく、なんとももどかしい。まあこれぐらい長い方が、背景の複雑さを現している感があるのも事実だが。絡まっている人間関係が、ハリーの行動で少しずつほどけていくうちに、大きな陰謀が明らかになってくる。この辺りの見せ方は、さすがゴダードと言わせる巧さである。
 ただね、似たような中年男の私としては、ハリーにあまり共感しないんだよな(別に飲んだくれているわけではないけれど)。なんかみじめさについては鏡で見ているようだし、ハリーほどの行動力と意地はないので絶望感を感じるし。主人公に感情移入できなかった分、ちょっと冗長に感じたな。まあ、単純に私的な理由でだけど。
 ゴダードのうまさを十分発揮した作品だとは思う。ごめん、自分勝手な部分でちょっと楽しめなかった。

羽生善治九段が豊島将之竜王への挑戦権を獲得

 50歳代で将棋のタイトル戦に登場したのは土居市太郎、大山康晴升田幸三二上達也米長邦雄だけ。50歳代のタイトル保持者は大山、二上、米長の三人。50歳代のタイトル挑戦者は土居、升田、大山の三人。50歳代でタイトルに挑戦して奪取したのは大山のみ。塚田正夫加藤一二三中原誠谷川浩司も50歳代でのタイトル戦登場はない。

 50歳になる羽生が四強(渡辺、永瀬、藤井、豊島)の一角にどう仕掛けるのかが楽しみ。それとも逆に羽生が相手の得意戦法を受け止める王道の将棋を指すのか。

 藤井ブームに誘われ、将棋熱を少し取り戻しました。『将棋世界』も今年になってから買うようになったけれど、詰将棋が全然解けない。頭のトレーニングだと思い、錆びついた思考能力に少しでも油を刺そうと思っているのだが、こびりついた錆はなかなか取れないものだ。

石沢英太郎『21人の視点』(光文社文庫)

21人の視点 (光文社文庫)
 

  「彼」の許に届いた一通の手紙。それは、17年まえの国有地払い下げにからむ汚職事件の真相を暴いた親書だった。K省の課長補佐だった「彼」の父に責任を負わせ、自殺に至らせた殺される価値のある成功者たち! 「彼」の復讐計画は静かに進行する……。
 新しい多元的描写を推理小説にとりいれた長編意欲作!(粗筋紹介より引用)
 『赤旗』日曜版1975年1月~12月連載。連載時タイトル「石の怒り」。大幅な補訂を施し、1978年9月、カッパノベルスより刊行。1985年7月、光文社文庫化。

 

 タイトルにある通り、21人の視点から語られるエピソードにより、復讐譚が浮かび上がる構成となっている。解説の土屋隆夫が言うように、多シーン描写という表現のほうがぴったり来る。一番短いのは、わずか2ページ。こういう手法を使うと、徐々に事件の全貌が明らかになっていき、その過程は楽しめる。復讐譚とは関係のない事件が絡んだりするところは面白い。こういう手法ならでは、といったところだろう。
 ただ、肝心の復讐譚が面白くない。序盤の脅迫部分なんて、本当に実行可能なのかどうか疑問に思うところもあるのだが、そういったところはスルーされている。中盤が面白い分、逆にがっかりしてしまった。多分、そういう整合性について作者はあまり気にしていないのだろう。あくまで事件で通り過ぎた多くの視点を絡める方に重点を置いている。こういう構成だったら、最後に鮮やかな解決シーンがあった方が、より映えると思うのだが、どうだろうか。
 作者の長編はあまり読んでいないのだが、やっぱり短編のほうが面白いかな。狙いすぎて、仕上がりが今一つだった。
 作者の短編集、復刊しませんかね。創元推理文庫あたりで。

林泰広『オレだけが名探偵を知っている』(光文社)

オレだけが名探偵を知っている

オレだけが名探偵を知っている

  • 作者:林 泰広
  • 発売日: 2020/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 新川綾が事故に遭い手術をした。綾には幼い娘・青葉がいるが父親である新川昭男は仕事でまったく連絡が取れない。青葉の叔父、秋山礼人は新川が重役を務める会社「ブッシュワッカー」に行くが、社長の城之内は新川への連絡自体を拒否する。絶対的独裁者の会長・座主の命令で、会社の地下の巨大な密室と化した迷宮で何かが行われており、新川はそこにいるらしい。すったもんだの末に、中に入ると、五人の男女の遺体が発見された。そして密室の中の密室、外側から鍵のかかったコンテナから、唯一の生存者が発見された。この事件はいったい何だったのか――秋山は独自に事件の再検討を行うが……。奇才が仕掛けるトリッキーな罠、罠、罠。真相に呆然となる野心溢れるミステリーの傑作!(帯より引用)
 2020年6月、書き下ろし刊行。

 

 2002年に光文社の新人発掘プロジェクト「カッパ・ワン」の4人いた第一弾として『The unseen 見えない精霊』で長編デビュー。短編は発表していたものの、2017年に連作短編集を刊行したのみであり、長編は18年ぶりとなる。
 デビュー作がほとんどパズル作品だったこともあり、どうなるかと思ったら、やっぱりパズル作品だった……(泣)。最初は警察の捜査が始まると思ったら、わけのわからない元山賊の男が造った世間のルール無視な会社の話が出てきて目が点。こんな会社、最初っから公安あたりに目を付けられてそう。いや、こんな現実な話、出しちゃあかんのよな、本格ミステリは(すごい偏見)。
 わけのわからない地下二階の部屋で殺人事件は起きるし、存在自体が希薄な名探偵は出てくるわ、なんだこいつはみたいな万能女性ハッカーは出てくるわ。序盤の家族はどこへ行った? おまけに結末は滅茶苦茶だし。名探偵やマスコミへの皮肉ともいえるような茶化しは大笑いしたが、さすがに結末は口あんぐり。よくよく見たら、本格ミステリですらないよね。なに、これ。確かに真相には呆然となるけれど、感心は全くしないな。後出しじゃんけんばかりだし。いや、本格ミステリじゃないから、別にいいのか。
 結局何、これとしか言いようがない作品。読み終わった自分にお疲れさまといいたい。

ピーター・ラヴゼイ『マダム・タッソーがお待ちかね』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

 1888年3月、ロンドンの高級写真館で助手をつとめる男が毒殺された。警察の入念な捜査の結果、彼に恐喝されていた館主の妻が逮補される。彼女は公判を前に自らの罪を告白し、判決は絞首刑と決したが――三カ月後、内務大臣の許へ届いた一枚の写真がすべてをくつがえした。そこには彼女の犯行を不可能たらしめる重要な鍵が写っていたのだ! 彼女は無実なのか? ではなぜ自白を? 死刑は12日後に迫っている。警視総監の命をうけたクリップ部長刑事は極秘の捜査を開始するが……英国推理作家協会賞シルヴァー・ダガー受賞に輝く本格推理傑作。(粗筋紹介より引用)
 1978年、発表。1983年4月、邦訳単行本刊行。1986年7月、文庫化。

 

 デビュー作から続くクリップ部長刑事シリーズ。これがシリーズ最後の作品かな。タイトルのマダム・タッソーは、イギリスの蝋人形彫刻家が建てた「マダム・タッソー館」のこと。女性死刑囚の蝋人形が飾られており、本事件の死刑囚であるミリアムも蝋人形になる運命が待ち構えていた。原題は"WAXWORK"(蝋人形)。邦訳のタイトルのほうが洒落ている。
 死刑が絡んだタイムリミットサスペンスに、ヴィクトリア朝時代を背景とした本格ミステリ要素も加えた作品。道具立てだけ考えれば派手になってもおかしくないのに、地味な捜査が続くところがなんとも。それでも時代背景を考えた描写は読んでいて楽しいし、当時の時代が浮かび上がる筆致もお見事。写真師という職業の当時の立ち位置が興味深かった。絞首刑が当時の民衆の娯楽の一つであったことは知っていたが、マダム・タッソー館との関連性は初めて知り、面白かった。
 ことを穏便に済ませるための隠密捜査という点は地味であるし、登場人物が少ないこともあって意外性という点では今一つではあるものの、当時の時代背景を隠し味に使っているところはお見事。最後の描写がいいんだよな。時代ミステリとしての面白さを十分に堪能することができた。さすが、作者の代表作だけはある。