平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

オーエン・セラー『ペトログラード行封印列車』(文藝春秋)

 1917年、ロシアで二月革命が起きた。世界戦争(第一次世界大戦)中のドイツはロシアを戦争から切り離すため、ドイツとの和平を条件にチューリッヒに亡命しているヴラジーミル・イリイッチ・ウリヤーノフ(後のレーニン)と妻ナージャ、その片腕グレゴリー・ジノヴィエフらをロシアへ帰国させようとする。チューリッヒからドイツ、スウェーデンフィンランドを経てロシアのペトログラード(現サンクト・ペテルブルグ)へ向かうのだが、ドイツ領内では列車から離れず、ドイツ市民と接触させないようにしたため、封印列車と呼ばれた。ドイツ外務省帝国東方情報局員であり、内心ではウリヤーノフを尊敬しているカスパー・エーラーは、作戦を成功させるべくチューリッヒに飛び、ウリヤーノフと接触するが、ロシア秘密警察も動いていた。
 1979年、イギリスで発表。1981年8月、邦訳単行本刊行。

 実際に起きた、封印列車によるレーニンの帰国を舞台としたエスピオナージ。ということで、実在の人物と小説の人物が入り混じる。この人数が多い。多すぎる。登場人物一覧にも載っていない人物が山ほど出てくるし、ドイツ名やロシア名だから読みにくいし覚えづらい。それに、このレーニンの封印列車は有名らしいのだが、全く知らなかった。この歴史的事実を知っていれば、もう少し楽しく読めたのだと思う。
 中盤になってエーラーが動き出すと、ようやくページをめくる手に力が入ってくる。ウクライナが絡むところは、現状を考えると色々と考えさせられる。ロシア秘密警察との攻防は、読んでいて迫力がある。
 ただレーニンのその後を多少なりとも知っていると、読了後の満足度はもう一つ。史実を知っていても楽しめるほどの面白さには、残念ながら到達しなかった。歴史の裏舞台をもう少し匂わせてくれると、まだ違ってくるのになと思いながら読み終わってしまった。
 オーエン・セラーはスパイものを中心に執筆していて、イギリスでは有名な作家とのこと。ロンドン在住の公認会計士だそうだ。

今野敏『審議官 隠蔽捜査9.5』(新潮社)

 米軍から特別捜査官を迎えた件で、警察庁長官官房に呼び出された竜崎伸也。審議官からの追及に、竜崎が取った行動とは――。さらに竜崎異動の余波は、大森署、神奈川県警、そして家族にも……。名脇役たちも活躍するスピンオフ9編を収録。(帯より引用)
 『小説新潮』2019~2022年掲載他、書下ろし1編を加え、2023年1月刊行。

 大森署から竜崎伸也を送り出し日、品川署管内で連続ひったくり事件が発生。野間崎管理官より要請されて緊急配備を行ったが、貝沼副署長のところに笹岡生安課長が戸高の件についてクレームを言いに来た。さらに刑事組対課で戸高とベテラン刑事の船井が事件を巡って喧嘩。しかも大森署管内でタクシー強盗事件が発生。新任の署長はまだ来ていない。誰もが竜崎ならどうするかを考える。「空席」。
 竜崎冴子は大田区内で女性の焼死体が発見されたというニュースを見て既視感を抱く。気になった冴子は夫の伸也にそのことを話すが、警察の捜査に口を出す必要がないと言われてカチンとくる。「内助」。
 竜崎邦彦は友人のポーランド留学生、ヴェロニカに頼まれ、アントニという男性から荷物を受け取ったが、ビニル袋の中身は白い粉末だった。「荷物」。
 竜崎美紀は通勤途中、駅で置換をしたらしい男性をつかまえて駅員に引き渡す。おかげでプレゼンに遅刻しそうになった。そのことで富岡課長から嫌味を言われる。「選択」。
 板橋武捜査一課長は、池辺渉刑事総務課長に呼び出された。捜査一課の矢坂敬藏専門官は前任の本郷部長を公然と批判するぐらいのキャリア嫌いなので、新任の竜崎部長に盾突くような真似は止めるように言ってほしいということだった。部屋に戻った板橋は矢坂を呼び出そうとするが、強盗事件が発生したので外に出ていた。「専門官」。
 佐藤実本部長が竜崎部長を呼び出した理由は、キャリアの参事官阿久津と、地方の参事官で組織犯罪対策本部長の平田清彦の仲が悪いので何とかしてほしいということだった。その日の夕方、横須賀で発砲事件が発生。阿久津、平田、池辺は竜崎部長に事件の第一報を伝えるが、通報者が高校生ということに竜崎は違和感を抱く。「参事官」。
 横須賀の殺人事件が解決した(『探花』)が、協力を得た米海軍犯罪捜査局の特別捜査官リチャード・キジマが東京都内で捜査活動をしたことについて、警察庁長官官房の長瀬友明審議官が問題視した。竜崎は佐藤本部長と一緒に審議官を尋ねる。「審議官」。
 大森署長が美貌のキャリア、藍本百合子警視正に変わってから、野間崎管理官が頻繁に大森署を訪れるようになった。野間崎は、戸高が勤務中に賭け事をする非違行為を働いているのではないかと貝沼副署長と注意した。「非違」。
 竜崎は同期の八島警務部長と一緒に、神奈川県警のキャリアだけの飲み会、通称キャリア会に出席した。信号を守るかどうかという話が外に漏れ、問題となる。「信号」。

 隠蔽捜査シリーズのスピンオフ第三弾。大森署の面々だけではなく、竜崎家の家族、神奈川県警の面々にもスポットライトが当たった短編が編まれている。気のせいかもしれないがあっさりめの作品が多いし、複雑な謎解きがあるわけではないが、面白さは変わらない。もちろん、今までのシリーズ作品を読んでいる人前提の話ではあるが。
 毎度のことながら、原理原則を守るという竜崎にかかると、すべての絡み合った糸が簡単にほどけていくという展開なのだが、飽きが来ないのはキャラクター造形の巧さなのだろう。
 個人的な今回のベストは「内助」。一本取られる竜崎の姿が面白い。

若竹七海『暗い越流』(光文社文庫)

 凶悪な死刑囚に届いたファンレター。差出人は何者かを調べ始めた「私」だが、その女性は五年前に失踪していた!(表題作) 女探偵の葉村晶は、母親の遺骨を運んでほしいという奇妙な依頼を受ける。悪い予感は当たり……。(「蝿男」) 先の読めない展開と思いがけない結末――短編ミステリの精華を味わえる全五編を収録。表題作で第66回日本推理作家協会賞短編部門受賞。(粗筋紹介より引用)
 2013年、表題作で第66回日本推理作家協会賞短編部門受賞。『メフィスト』『宝石 ザ ミステリー』掲載作品に、書下ろし二編を加え、2014年3月、光文社より単行本刊行。2016年10月、文庫化。

 長谷川探偵調査所と契約しているフリー調査員、葉村晶に依頼を頼んだ女性は、亡くなった心霊研究家の祖父が住んでいた群馬県の家にある母の遺骨を取ってきてほしいと頼んできた。しかも一週間前に同じ内容を頼んだフリーライターは、今も戻ってこないという。怪しさ満載の依頼を受けた葉村だったが。「蠅男」。
 五十を過ぎた死刑囚に送られてきたファンレター。受け取った弁護士に頼まれ、住所が書かれていない差出人を調べ始めた編集者の「私」は、ある偶然から探し当てるも、その女性は五年前に失踪していた。「暗い越流」。
 地味な出版社の看板雑誌の女性編集長が行方不明になった。社長に頼まれ、ライターの男と一緒に行方を捜し始めるが、編集長は何人もの人を脅していた事実を知り驚く。そして編集長の墜落死体が見つかった。「幸せの家」。
 苅屋学は7歳の時に行方不明となり、3日後に見つかった。しかし教師だった父は、何も話さず黙っていろという。それから7年後、父は自殺した。学は浴びるように酒を飲んでアル中となり、結婚も破綻。7年前に母が癌で亡くなり、家を片付けていると、川向うにある教会のシスター2人が訪れ、児童養護施設の運営資金を集めるためのバザーに不用品を寄付してほしいと話してきたので了承した。ボランティアの男性とともに部屋を片付けていると、一枚の中学生の女の子の写真が出てきた。その女性は、小さい学を連れまわした人物だった。「狂酔」。
 吉祥寺のミステリ専門店でアルバイトを始めた葉村晶。遺品整理で金庫を開けるのに必要なこけしを取りに、福島まで出かけることに。「道楽者の金庫」。

 協会賞受賞作、葉村もの2編を含む短編集。しかしどれを読んでも若竹節が炸裂している。口当たりの良い読みやすさ、見かけとは裏腹の苦い結末。さすが、イヤミスを書かせれば天下一品である。
 葉村ものの2編のうち、「道楽者の金庫」はミステリ専門店「MURDER BEAR BOOKSHOP 殺人熊書店」でアルバイトを始める顛末が書かれている。作品的にも重要なので、葉村シリーズの短編集にまとめた方がよかった気もするが……。
 表題作は、葉村ものにでも書き直せそう。受賞も納得の出来である。
 「狂酔」は本作品中の異色作。不気味な作品だし、着陸の仕方が予想外。まさかこちらの方向に向かうとは思わなかった。

 居酒屋で全国各地の日本酒の飲み比べを楽しませてくれるようなのような短編集。ただ、テーマに統一性は欲しかった。贅沢な願いではあるが。