平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

青柳碧人『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(双葉文庫)

 昔ばなしが、まさかのミステリに! 「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さまご存じの<日本昔ばなし>を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解いたまったく新しいミステリ。「え! なんでこうなるの?」「なんと、この人が……」と驚き連続の5編を収録。数々の年間ミステリにランクイン&本屋大賞ノミネートを果たした話題作、待望の文庫化。(粗筋紹介より引用)
 2019年4月、双葉社より単行本刊行。2021年9月、文庫化。

 

 右大臣の庶子、冬吉が殺された。容疑者は右大臣の娘、春姫と婚約した堀川少将こと一寸法師。しかし冬吉が殺された時間、一寸法師は鬼の腹の中にいた。「一寸法師の不在証明」。
 枯れ木に花を咲かせた花咲か爺さんは、新たに次郎という白い犬を拾ってきた。それから4日後の朝、丘の上で爺さんは殺された。皆から好かれていた爺さんを誰が殺したのか。「花咲か死者伝言」。
 弥兵衛は借金を返せと迫ってきた庄屋を殺し、死体を襖の向こうに隠した。弥兵衛の前に現れたつうは、恩返しと称して反物を織り始める。つうは織っているところを覗かないでくれと頼み、弥兵衛は襖を開けて中を覗くなと言った。「つるの倒叙がえし」。
 亀を助けた浦島太郎は竜宮城で歓待される。乙姫の膝枕で浦島太郎が寝て三刻後、冬の間でおいせが昆布で首を絞められ殺された。しかし唯一の出入り口の襖には中からかんぬきが掛けられ、窓には珊瑚がびっしりと張り付いて入ることはできなかった。すなわち、冬の間は密室だった。亀から頼まれた浦島太郎が謎を解く。「密室龍宮城」。
 桃太郎に退治され、わずかに生き残った鬼たちが子をつくり、今の鬼が島には十三頭の鬼がいた。青鬼の鬼茂が殺され、喧嘩をしていた赤鬼の鬼太に容疑が掛けられる。鬼太は縛られて蔵に閉じ込められるが、また別の鬼が殺されて……。「絶海の鬼ヶ島」。

 有名な日本の昔話をミステリに落とし込んだ短編集。解説の今村昌弘が語る通り、誰もが知っている昔話を持ち込むことで、特殊設定のミステリに必要不可欠な設定の説明を飛ばしてしまうことができるのは大きい。おまけに登場人物もよく知っている人ばかりなので、こちらも要点だけ説明すればおしまい。アイディアの勝利としか言いようがない。
 第一話はアリバイ崩し、第二話はフーダニット、第三話は倒叙もの、第四話は密室殺人、第五話はクローズド・サークルの連続殺人。第一話、第二話と特殊設定とはいえ本格ミステリの王道みたいな作品ではあったが、第三話は思いっきり変化球。さすがに一筋縄ではいかない。第四話はがちがちの本格ミステリ。トリックとロジックと特殊設定が絡み合った傑作。第五話は『そして誰もいなくなった』ばりの孤島内での連続殺人。いや、連続殺鬼か。これまたひねりが入っていて面白い。
 とはいえ、これ一冊でお腹いっぱいという気にはなった。これ以上書かれても二番煎じにしか思えないが、やっぱり続編は書かれている。本作は面白かったが、これ以上を読む気には今のところならない。

犯罪の世界を漂う

https://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html
無期懲役判決リスト 2022年度」に1件追加。
「求刑無期懲役、判決有期懲役 2022年度」に1件追加。

 判決有期の方は、3月18日の福岡地裁の判決です。まさか、求刑無期で一審判決の記事が一切載らないということがあるとは思いませんでした。情報を送っていただき、ありがとうございました。

 上記判決は天草の覚醒剤密輸事件です。この事件、24人逮捕されて16名が起訴されています。まだ判決がわかっていない被告もいます。報道が全然されません。困ったものです。地元紙の熊本日日新聞にも、なかなか載っていません(裁判が福岡地裁だからかな)。数少ない報道も、ほとんどは読売新聞です。

 地方の判決だと頼れるのは読売新聞の地方版です。昔は朝日の地方版もそれなりに載っていましたが、最近は減っていますね。

 

若竹七海『さよならの手口』(文春文庫)

 探偵を休業し、ミステリ専門店でバイト中の葉村晶は、古本引取りの際に白骨死体を発見して負傷。入院した病院で同室の元女優に二十年前に家出した娘探しを依頼される。当時娘を調査した探偵は失踪していた――。有能だが不運な女探偵・葉村晶が文庫書下ろしで帰ってきた!(粗筋紹介より引用)
 2014年11月、文春文庫より書下ろし刊行。

 

 「仕事はできるが不運すぎる女探偵」葉村晶シリーズ第三作となる書き下ろし長編。前作『悪いうさぎ』から13年ぶりの登場(ただし、短編「蠅男」「道楽者の金庫」に登場している)。31歳だった葉村は40過ぎになっている。住んでいた新宿区の建物は地震で住めなくなって、調布市千川のシェアハウスに引っ越している。長谷川所長が引退して長谷川探偵調査所が閉鎖され、貯金があったので探偵休業中。旧知の富山泰之に頼まれ、吉祥寺のミステリ専門店〈MURDER BEAR BOOKSHOP〉でアルバイト中。先に『静かな炎天』『錆びた滑車』を読んでいたのだが、こういう経緯だったのか(苦笑)。
 アルバイト中に白骨死体を発見して負傷という、出だしから不運すぎる。さらに元トップ女優から二十年前に家出した娘探しを依頼されて探し始めると、当時調査した探偵が失踪している。単純な捜査に見えて、どんどんと複雑化していく流れは絶妙。気が付いたら娘探し、失踪した探偵、そして古本屋で知り合った女性の裏と、複数の捜査を一人で追う展開となってしまい、やっぱり葉村は不運としか言いようがない。それでいて、読んでいる方に消化不良を起こさせるような迷走は全くなしという筆さばきは見事。
 13年ぶりの書き下ろしということもあってか、作者も相当力が入っている。ただ、気負いを感じさせないところはさすが。素直に脱帽します。やっぱりうまい。ただ、ミステリに関する蘊蓄は、もっと少なくてもいいんじゃないかな。自分もミステリ好きだから楽しく読んでいたけれど、よくよく考えるとそこまで書かなくてもいいような。

イアン・ランキン『黒と青』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

 1960年代にスコットランドを震撼させた絞殺魔“バイブル・ジョン”。事件は迷宮入りとなっていたが、それから三十数年、同様の手口の事件が起き、リーバス警部は捜査に乗り出した。はたして伝説の犯人が帰ってきたのか、あるいは模倣犯の仕業か? 折りしもリーバスが昔担当した事件で服役中の囚人が冤罪を訴えて獄中で自殺。警察の内部調査が開始されることとなった。四面楚歌の状況のなか、リーバスの地を這うような捜査が続く。ミステリ界の次代を担う俊英が放つ傑作警察小説、遂に刊行!(粗筋紹介より引用)
 1997年、発表。同年、英国推理作家協会賞ゴールド・ダガー賞受賞。1998年7月、邦訳刊行。

 

 エジンバラを舞台とするジョン・リーバス警部シリーズ長編第8作目。イアン・ランキンの長編が邦訳されたのは、本作が初めてであった。タイトルはローリング・ストーンズのアルバム『ブラック・アンド・ブルー』から来ている。
 リーバス警部は第1作では若い刑事だったとのことだが、本書では五十男で、クレイグミラー署犯罪捜査部に転勤している。離婚しており、別れて暮らす娘が一人。冴えない見た目であるし、酒は飲みすぎ、煙草は吸いすぎ。上司の命令には従わず、一人で行動するなどの問題児。しかし上司や権力、闇の組織を恐れず、犯罪を悲しみ、部下には優しさを示す。
 本書では北海の石油掘削基地の労働者が転落死した事件を追うものの、昔担当した事件の犯人が服役中に冤罪を訴えながらも自殺したため、マスコミの注目を浴びる。しかもその時の捜査の違法性を問われることに。一方、スコットランドでは迷宮入りした過去の連続殺人事件と同様の手口による連続殺人事件が発生しており、さらに麻薬売買に絡む殺人事件も発生。同時に複数の事件が進行するモジュラー型のストーリーだが、どれにもかかわってしまうことで精神的に追い込まれながらも、リーバスは一人で事件に立ち向かっていく。
 ハードボイルド風味の警察小説といった感じ。個人的には好きになれないタイプのリーバス警部だが、事件を追いかける執念はすごい。そこに引き込まれた。とはいえ、読んでいて疲れるな、モジュラー型は。ストーリーを把握するのには苦労した。だけどじっくり読みこめば、エジンバラの描写も含め、イギリスの舞台を楽しむことができた。時間があるときに、ゆっくり読むべき作品。