平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

ジェフリー・ディーヴァー『バーニング・ワイヤー』上下(文春文庫)

 突然の閃光と炎。それが路線バスを襲った。送電システムの異常により変電所が爆発したのだ。電力網を操作する何者かによって引き起こされた攻撃だった。FBIは科学捜査の天才リンカーン・ライムに捜査協力を依頼する。果たして犯人の目的は何か? 人質はニューヨーク――史上最大の犯罪計画に、ライムと仲間たちが挑む!(上巻粗筋紹介より引用)
 ニューヨークへの送電を半減させろ。それが犯人の要求だった。だがそれは大停電を引き起こすことになる。殺戮の刻限が迫る中、必死の捜査を続けるライムは、メキシコに出現したウォッチメイカー逮捕作戦の指揮もとらねばならない。二つの大事件に立ち向かう名探偵ライム! 大スケールで贈るシリーズ第9作。(下巻粗筋紹介より引用)
 2010年発表。2012年10月、文藝春秋より単行本刊行。2015年11月、文庫化。

 

 リンカーン・ライム・シリーズ9作目。ニューヨークへの送電を半分にしろという途方もない要求をする犯人と対峙。一方、メキシコではあのウォッチメイカーが現れたので、遠方から逮捕作戦の捜査の指揮を執る。なんともまあ、盛りだくさんの内容となっている。
 上巻は電気の基礎知識の話が多く、面白みに欠ける。感電のところなど、そんなことも知らないのかと思いながら読んでみたら、考えてみるとそういうものなのかもしれない。二度目の事件が起きたあたりからようやく話が盛り上がり、ディーヴァーらしいジェットコースター級の展開が待ち受ける。これでこそディーヴァーだよ、と思うものの、なんとなくいつも通り、ワンパターンな形式じゃないかとも思ってしまうのも気のせいではないだろう。
 だからといって面白くないわけではなく、とくに下巻からは話の筋に引き込まれて目が離せない。やはりお馴染みの面々が活躍する姿は、読んでいてとても楽しい。そこにライム自身の物語が少し絡むことで、作品にいつもと違うスパイスを加味しているところもさすがだ。作者の電気社会に対するちょっとした批判も、定型的なものではあるが面白い。
 ただ、ウォッチメイカーの使い方は、ちょっと勿体ない気がした。これだけの人物をこういう使い方をするのか、という残念な気持ちもある。ライムとの対決は、もっと頭脳戦になってほしかったと思うのは、私だけではないだろう。
 どこから読んでも楽しめる作者だが、やはり最初から順に読むべきだよなとは今更ながら実感した。作品世界の時はしっかり流れている、そんなことを思わせる作品でもあった。それは読者だけがわかる感慨だろう。

 

 

 出張続きで、今週の事件関係は全然まとめていないので、そちらの方の更新は明日になります。

 出張中の新幹線で本を読めなくなったのは、年を取った証拠ですかね。

芦辺拓『裁判員法廷』(文春文庫)

 ある日、あなたのもとに届いた一通の呼出状。それはあなたが裁判員候補者として選ばれたという通知だった。もちろん裁判など初めての体験。芒洋とした弁護士、森江春策と女性敏腕検事、菊園綾子が火花を散らす法廷で、あなたは無事評決を下すことができるのか。本邦初の“裁判員”ミステリー、ここに開廷。(粗筋紹介より引用)
 『オール讀物』2006年4月号掲載の「審理」(発表時「裁判員法廷二〇〇九」)、『J-novel』2006年10、11月号掲載の「評議」(発表時「評議―裁判員法廷二〇〇九」)に書下ろし「自白」を加え、2008年2月、文藝春秋より単行本刊行。2010年5月、文庫化。

 

 2009年に施行された裁判員裁判制度を取り扱った、本邦初の小説集とのこと。ただ「初めて」というのならば単なる早い者勝ちというだけのことではあるが、まだ施行される前に題材に取り入れたというのは、評価すべき点であろう。それも、裁判員裁判本格ミステリを書こうなんて、無茶なことをするなと思いながら読み始めた。
 「審理」はビル内での殺人事件で無罪を主張する被告人を間に、検事と弁護士が対決する。「評議」は重要な証人が来ないまま最終弁論を聞き、裁判員たちが討議する。「自白」は文芸ブローカーとして悪評の高い小説家の殺人事件における裁判員裁判で、被告人は認否で犯行を認めるも、弁護人は無罪を訴える。
 裁判員裁判の施行前だからとも思えないような突っ込みどころが色々あり、読んでいて戸惑った。
 「審理」では、森江が論告直前に新たな証人申請を行って認められている。さすがにこれは小説内で指摘されているが、現実には難しいだろう。それよりも不思議なのは、ある重要な事実を裁判員がぎりぎりまで気づいていない点である。さすがにこれは、検察側が初めに話しているだろう。
 「評議」ではある証人が出廷しないまま論告が行われるが、これはさすがに有り得ないのではないか。それに不思議なのは、論告求刑公判と評議と判決が同じ日に行われていることである。被告人が無罪を主張する裁判で、いや、殺人で起訴された裁判でこれは絶対に有り得ない。
 「自白」では裁判とは違うが、パトロールしている警察官が時間をチェックしないはずがないと思う。まあ、これは大した傷ではないが、最後の謎解きは偶然に頼る部分があってちょっと苦しい。
 ただ、裁判員裁判本格ミステリを書こうとした努力は認めるべき。普通だったら公判前整理手続きで争点が絞られてしまうから、ドラマティックな推理が出てくる余地を見つけるのは非常に難しい。これだけの仕掛けを盛り込むには、非常に苦労したことと思う。「あなた」と呼び掛ける形式も最初は戸惑ったが、読み終わっているとよく考えられていると思った。この手の法廷ものなら、裁判員裁判の制度の不備を突くような作品を書きそうなものだが、そんな在りがちな方へ向かわなかったのは嬉しかった。読んでみる価値のある一冊だと思う。
 「自白」に出てくる小説家のモデルは、たぶん作者の頭の中であるのだろうなあと思ってしまった。誰だか聞いてみたいものだ。

小林泰三『アリス殺し』(創元クライム・クラブ)

 大学院生・栗栖川亜理は、最近不思議の国に迷い込んだアリスの夢ばかり見ている。ハンプティ・ダンプティの墜落死に遭遇する夢を見た後大学に行ってみると、キャンパスの屋上から玉子という綽名の博士研究員が墜落死を遂げていた。次に亜理が見た夢の中で、今度はグリフォンが生牡蠣を喉に詰まらせて窒息死すると、現実でも牡蠣を食べた教授が急死する。夢の世界の死と現実の死は繋がっているらしい。不思議の国では、三月兎と頭のおかしい帽子屋が犯人捜しに乗り出していたが、思わぬ展開からアリスは最重要容疑者にされてしまう。もしアリスが死刑になったら、現実世界ではどうなってしまう? 彼女と同じ夢を見ているとわかった同学年の井森とともに、亜理は事件を調べ始めるが……。邪悪で愉快な奇想が彩る、鬼才会心本格ミステリ。(粗筋紹介より引用)
 2013年9月、書下ろし刊行。

 

 まあ何となく手に取ってみた一冊。とはいえ、失敗したかな。これは『不思議の国のアリス』を読んでいないと、登場人物がさっぱりわからない。ハンプティ・ダンプティとか名前は知っているけれど、その程度だものなあ。
 現実世界と不思議の世界がリンクするという設定はそれなりに面白かったけれど、やはり不思議の世界を把握していないと面白さはかなり減少。ほとんど会話体で話が進むが、この会話の部分も、アリスを読んでいるかどうかで面白さが違うのだろうなあ。はっきり言ってくどすぎてイライラします。
 最後については、さすが小林泰三とは思った。最後の展開は楽しめるもんじゃないとはいえ、仕掛けの面白さは本領発揮といえそう。
 ということで、手に取らなければよかった、というのが本音。

連城三紀彦『どこまでも殺されて』(新潮文庫)

「どこまでも殺されていく僕がいる。いつまでも殺されていく僕がいる」 七度も殺され、今まさに八度目に殺されようとしているという謎の手記。そして高校教師・横田勝彦のもとには、ある男子生徒から「僕は殺されようとしています。助けて下さい」という必死のメッセージが届く。生徒たちの協力を得て、殺人の阻止と謎の解明に挑む横田。周到な伏線と驚愕の展開に彩られた本格推理長編。(粗筋紹介より引用)
 『小説推理』に前後編に分かれて掲載。1990年5月、双葉社より単行本刊行。1993年6月、双葉文庫化。1995年8月、新潮文庫化。

 

 冒頭から七度殺され、もうすぐ八度目に殺されるという謎の手記で始まる。舞台は高校へ飛び、高校教師の横田は、クラスで一番人気の女子生徒苗場直美らと協力し、助けてほしいというメッセージを伝えた男性生徒を探り出す。
 驚きの手記ではあるが、当然七回も殺されるなどという話があるはずもない。物語がどう進むのかと思っていたら舞台は高校へ飛び、今度は殺されるというメッセージの送り主を担任教師とクラスの女子高生が探し続ける。
 有り得ないはずの手記と、殺されるかもというメッセージの送り主を探し出すという二つの流れがどうつながるのだろうかと思いながら話は進むのだが、手記と高校舞台の話のトーンが今一つ噛み合わず、読んでいてもどかしさを感じた。それは結末まで読んでも変わらず。確かに二つの話の繋がり方は巧さを感じるが、テクニックでごまかしている感が強い。女子高生たちがあまり動揺もせず謎解きをするということに違和感があった。無理して学園ミステリを書いている、という気にさせられた。
 連城ならもう少しひねりを入れて書けるはずなのに、と思ってしまう。具材に調味料が入っていない料理を出された感が強い作品であった。具材はおいしいから、何とか読めたけれど。