平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

一本木透『だから殺せなかった』(東京創元社)

 
だから殺せなかった

だから殺せなかった

 

 おれは首都圏連続殺人事件の真犯人だ」大手新聞社の社会部記者に宛てて届いた一通の手紙。そこには、首都圏全域を震撼させる無差別連続殺人に関して、犯人しか知り得ないであろう犯行の様子が詳述されていた。送り主は「ワクチン」と名乗ったうえで、記者に対して紙上での公開討論を要求する。「おれの殺人を言葉で止めてみろ」。連続殺人犯と記者の対話は、始まるや否や苛烈な報道の波に呑み込まれていく。果たして、絶対の自信を持つ犯人の目的は――
 劇場型犯罪と報道の行方を圧倒的なディテールで描出した、第27回鮎川哲也賞優秀賞受賞作。(粗筋紹介より引用)
 2017年、第27回鮎川哲也賞優秀賞受賞作。2019年1月、単行本刊行。

 

 『屍人荘の殺人』と受賞を争った本作。読み終えてみると、劇場型犯罪を舞台にした社会派ミステリ。うーん、なぜ鮎川賞に応募した?
 かつて汚職事件を追いかけ、スクープしたのは恋人の父親の逮捕。父親は自殺し、そして恋人も姿を消して亡くなった。そんな過去を持つ太陽新聞の社会部記者、一本木透。「シリーズ犯罪報道・家族」で自分の二十数年前の苦い記憶を記事に書き、高い評価を得た。一方、無差別連続殺人犯から一本木宛てに手紙が届き、殺人を巡って紙上公開討論が始まる。そしてもう一つ語られるのは、江原陽一郎という青年の今までだった。
 作者が新聞記者だったのかどうかはわからないが、新聞社という会社自体の存在も含め、新聞記者や新聞紙の発行の部分にリアリティがある。公器を謳いつつ、ちゃっかりと営業に使って、じり貧だった購読数の回復につなげる展開には思わずうなってしまった(なんか、似たような展開がどこかであったような記憶もあるけれど、思い出せない)。
 紙上を使ってやり取りするという展開自体は面白いし、最後まで読ませる力はあったと思う。ただ、リアリティがある作品なだけに、不自然を感じてしまうところがあったのは残念。最後の自滅からドタバタするくだりはまだ許せるのだが、やはり犯行に手を染める動機については納得がいかない。これ以上書くとネタバレになってしまうから止めるのだが、どうしても不自然なのだ。それは自分だけかな。一応読者を納得させるような書き方にはなっているのだけれども。もしかしたら選評の指摘を受けて、書き直したのかもしれない。
 名探偵の出てくる本格ミステリならファンタジーで逃げれるのだろうが(暴言)、やはり社会派ミステリだと、読者が首をひねってしまうところがあるのはやはり原点だろう。今回は優秀作止まりだったが、多分『屍人荘の殺人』が無くても優秀作止まりだったと思う。そもそも、本格の味、全然ないよね。

忙しかったかな?

 毎週出張があって体力的にしんどかったというのもあったけれど、精神的にもいろいろしんどかったかな。というか、気力がなかった。
 昔はこんな状態だと、山ほど更新したくなるんだけど、そんな気力すらなくなっていた。本も読めなかったし。うーむ、困ったものだ。
 まあ、少しは復活したかな。

R-1ぐらんぷり2019を見た

 Aブロックのセルライトスパ大須賀、Cブロックのだーりんず松本りんすは納得いったけれど、Bブロックの霜降り明星粗品は納得いかなかったな。個人的にはマツモトクラブの世界観が好きだけれど、今回はおいでやす小田だと思った。
 決勝戦は……まあ、仕方がないか。番組的は粗品しかないもんな。個人的には松本りんすだったが。粗品は手数で勝負するのではなく、もう少しストーリー性が欲しいなあ。
 そんなことより、「R-1 アマチュア動画ぐらんぷり2019」の優勝者、ミスターデンジャーって松永光弘じゃないか。自作楽器を用いた演奏家としても活動しているとは、知らなかった。

森雅裕『いつまでも折にふれて・さらば6弦の天使‐いつまでも折にふれて2』(ワニの本―森雅裕幻コレクション4)

 クリスタル細工のような瞳を持つボーカリスト錺泉深(かざり いずみ)のミステリアスな魅力で人気のロックバンド、HERGA(ヘルガ)。ニュー・アルバムの録音中、作曲家は不慮の死を遂げた。はたしてその死は転調していく運命のイントロなのか――。
 私家本ながら絶賛の『いつまでも折にふれて』、書き下ろし姉妹編『さらば6弦の天使』を併録。(粗筋紹介より引用)
 1994年に執筆され、1995年7月、私家本としてスターポスト音楽出版より出版。書下ろし続編を加え、1999年6月、発売。

 

 不遇のミステリ作家、森雅裕の長編作品。デビューの頃から巡り合せが悪すぎたのは有名だが、これほどの作品を私家本としてしか出版できなかったとは、あまりにも不遇すぎる。
 登場人物や舞台の造形がZARDなのは一目瞭然。もしかしたらそこらへんが日の目を見なかった理由かもしれないけれど。
 『いつまでも折にふれて』は、徹底的にマスコミへの露出を避け、ライブすら行わなかったHERGAがついに初のライブを行うのだが、作・編曲家が亡くなり、事故なのか殺人なのか疑心暗鬼になる話。『さらば6弦の天使』は伝説のライブから4年後、悉く相手を打ち負かしてきたバンド4 REALが対バンを申し出て、さらに事件が起きて脅迫状が続き、ついに承諾して再結成されるHERGAの話。4 REALはともかく、プロデューサも誰かを思い出すような設定。
 後味が悪いのに、予定調和な世界がなんとも物哀しいトーンを奏でている。演奏が始まると、指揮者の奏でるタクトどおりに弾かなければならない楽器演奏者のように。わかっていながらも運命に導かれ、そして堕ちていく登場人物たち。それでも輝きを失わないのが、選ばれた者の宿命か。
 殺人事件が起きながらも、事件の真相よりHERGAがどうなるのか、錺泉深はどこへ行くのかがとても気になってしまう。その時点ですでにモデル以上の魅力を持ってしまい、そして囚われてしまったことに気づいてしまった。
 先にも書いたが、これだけ書ける作家がどうして干されてしまうのか。それについては『推理小説常習犯』に詳しいのだが、そろそろ表舞台で再評価されないものだろうか。そんなことを言いながら、新刊で買って今頃読んでいる自分もどうかと思うが。

「推理クイズ」の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/mystery-quiz/index.htm

「このクイズの元ネタを探せ」に推理クイズを1問追加。8か月ぶりだったりします。サイトを移動してからは初めての更新だったりする。
まだまだ探せば、複数の著書に載っているクイズがあるので、探し出そうとは思ったりするも、読み返す気力が湧かなかったりする。

ポール・アルテ『死が招く』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

死が招く―ツイスト博士シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

死が招く―ツイスト博士シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

 

 内側から錠がかかった密室状態の書斎で、ミステリ作家が煮えたぎる鍋に顔と両手を突っ込み銃を握りしめて死んでいた。傍らの料理は湯気が立っているのに、何故か遺体は死後二十四時間以上が経過していた! しかも、この現場の状況は、作家が構想中の小説『死が招く』の設定とそっくり同じだった……。エキセントリックな作家、追い詰められた夫人、奇術師、薄気味悪い娘、双子の兄弟、屍衣を纏った謎の老人――曰くありげな人物たちが織り成す奇怪な殺人ドラマ。犯罪学者アラン・ツイスト博士が快刀乱麻を断つ本格探偵小説! シリーズ第二作。(粗筋紹介より引用)
 1988年、発表。2003年6月、邦訳刊行。

 

 フランスのディクスン・カーことポール・アルテのツイスト博士シリーズ第二作。新刊で買いながら、今まで放っておいた一冊。なんで手にとらなかっのか、記憶がない。
 ミステリ作家が構想中の作品通りに密室で殺害されるという、本格ミステリファンならドキドキする展開。確かに冒頭はドキドキしたのだが、正直言ってごちゃごちゃしていて、細かい部分が頭に入ってこない。これだけの設定ならもっとページを費やしてもいいだろうに、あまりにも薄すぎて仕掛けが見えやすい。特に犯人の行動、怪しすぎ。これだけやって怪しまれない方がおかしい。謎解きも仕掛けのわりに今一つで、本当に実行可能なのと聞きたくなる部分もある。
 それでも読んでいて楽しめたので、雰囲気作りとプロットは非常に巧いなあと感心した次第。