平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

オーエン・セラー『ペトログラード行封印列車』(文藝春秋)

ペトログラード行封印列車 作者:オーエン・セラー 文藝春秋 Amazon 1917年、ロシアで二月革命が起きた。世界戦争(第一次世界大戦)中のドイツはロシアを戦争から切り離すため、ドイツとの和平を条件にチューリッヒに亡命しているヴラジーミル・イリイッチ・…

今野敏『審議官 隠蔽捜査9.5』(新潮社)

審議官―隠蔽捜査9.5― 作者:今野敏 新潮社 Amazon 米軍から特別捜査官を迎えた件で、警察庁長官官房に呼び出された竜崎伸也。審議官からの追及に、竜崎が取った行動とは――。さらに竜崎異動の余波は、大森署、神奈川県警、そして家族にも……。名脇役たちも活躍…

若竹七海『暗い越流』(光文社文庫)

暗い越流 (光文社文庫) 作者:若竹 七海 光文社 Amazon 凶悪な死刑囚に届いたファンレター。差出人は何者かを調べ始めた「私」だが、その女性は五年前に失踪していた!(表題作) 女探偵の葉村晶は、母親の遺骨を運んでほしいという奇妙な依頼を受ける。悪い予感…

フレデリック・フォーサイス『騙し屋』(角川文庫)

騙し屋 (角川文庫) 作者:フレデリック フォーサイス 角川書店 Amazon 騙し屋とよばれるサム・マクレディは、イギリス秘密情報機関SISのベテラン・エージェント。切れ者で世界各地で敵を欺き、多くの成果をあげてきた。しかし、冷戦は終結し、共産主義は崩壊…

芦辺拓『スチームオペラ 蒸気都市探偵譚』(創元推理文庫)

スチームオペラ 蒸気都市探偵譚 (創元推理文庫) 作者:芦辺 拓 東京創元社 Amazon 毎朝配達される幻灯新聞(マジックランターン・ガゼット)が食卓に話題を提供し、港にはエーテル推進機(スクリュー)を備えた空中船(スカイシップ)が着水・停泊。歯車仕掛けの蒸…

久住四季『星読島に星は流れた』(東京創元社 ミステリ・フロンティア)

星読島に星は流れた 【ミステリ・フロンティア版】 作者:久住 四季 東京創元社 Amazon 天文学者サラ・ディライト・ローウェル博士は、自分の住む孤島で毎年、天体観測の集いを開いていた。ネット上の天文フォーラムで参加者を募り、招待される客は毎年、ほぼ…

ピエール・ルメートル『わが母なるロージー』(文春文庫)

わが母なるロージー (文春文庫) 作者:ルメートル,ピエール Bungeishunju Amazon パリで爆破事件が発生した。直後、警察に出頭した青年は、爆弾はあと6つ仕掛けられていると告げ、金を要求する。カミーユ・ヴェルーヴェン警部は、青年の真の狙いは他にあると…

長岡弘樹『教場0 刑事指導官・風間公親』(小学館文庫)

教場0 刑事指導官・風間公親 (小学館文庫) 作者:弘樹, 長岡 小学館 Amazon T県警が誇る「風間教場」は、キャリアの浅い刑事が突然送り込まれる育成システム。捜査一課強行犯係の現役刑事・風間公親と事件現場をともにする、マンツーマンのスパルタ指導が待っ…

フレデリック・フォーサイス『帝王』(角川文庫)

帝王 (角川文庫 (5749)) 作者:フレデリック・フォーサイス 角川書店 Amazon 灼熱の太陽が照りつけるモーリシャスの沖、そいつは緑色の海水の壁を破って飛びだした。500kgを超える伝説のブルーマルリン、“帝王”がフックにかかったのだ! 渾身の力を込めて巻き…

クリス・ウィタカー『われら闇より天を見る』(早川書房)

われら闇より天を見る 作者:クリス ウィタカー 早川書房 Amazon 「それが、ここに流れてるあたしたちの血。あたしたちは無法者なの」 アメリカ、カリフォルニア州。海沿いの町ケープ・ヘイヴン。30年前にひとりの少女が命を落とした事件は、いまなお町に暗い…

板野博行『眠れないほどおもしろい日本書紀:「書かれた文字」の裏に秘された真実』(三笠書房 王様文庫)

眠れないほどおもしろい日本書紀: 「書かれた文字」の裏に秘された真実 (王様文庫 D 59-9) 作者:板野 博行 三笠書房 Amazon アマテラス、スサノオ、日本武尊、神武天皇、中大兄皇子、天武天皇…知れば知るほど凄いぶっ飛びのエピソードを、あの藤原不比等のナ…

ボストン・テラン『神は銃弾』(文春文庫)

神は銃弾 (文春文庫) 作者:ボストン テラン 文藝春秋 Amazon 憤怒――それを糧に、ボブは追う。別れた妻を惨殺し、娘を連れ去った残虐なカルト集団を。やつらが生み出した地獄から生還した女を友に、憎悪と銃弾を手に……。鮮烈にして苛烈な文体が描き出す銃撃と…

柴田哲孝『下山事件 最後の証言 完全版』(祥伝社文庫)

下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3) 作者:柴田 哲孝 祥伝社 Amazon 「私の祖父は、実行犯なのか?」昭和二四年七月六日、初代国鉄総裁下山貞則が轢死体で発見された。戦後史最大の謎「下山事件」である。戦時中は陸軍、戦後はGHQの特務機関員だっ…

各務三郎『推理小説の整理学』(かんき出版 Kanki Book)

推理小説の整理学〈外国編 ゾクゾクする世界の名作・傑作探し〉 (1977年) (Kanki book) Amazon 元ミステリー・マガジン編集長が、日本で翻訳された推理小説2千冊のなかから100冊を選び解説。推理の楽しさと喜びを満喫の本。(案内より引用) 1977年7月刊行。…

H・H・ホームズ『九人の偽聖者の密室』(国書刊行会 奇想天外の本棚)

九人の偽聖者の密室 (奇想天外の本棚) 作者:H・H・ホームズ 国書刊行会 Amazon 伝説の「さまよえるユダヤ人」を名乗るアハスヴェルが主宰する教団「光の子ら」を糾弾すべく準備を進めていたカルト宗教の研究者ウルフ・ハリガンは、ひょんなことから知り合っ…

東山彰良『流』(講談社)

流 (講談社文庫) 作者:東山彰良 講談社 Amazon 1975年、偉大なる総統蒋介石の死の翌月、愛すべき祖父・葉尊麟は何者かに殺された。いったい誰が殺したのか。内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。無軌道に生きる17歳の葉秋生には、まだその…

新名智『虚魚』(KADOKAWA)

虚魚 (角川書店単行本) 作者:新名 智 KADOKAWA Amazon “体験した人が死ぬ怪談”を探す怪談師の三咲は、“呪いか祟りで死にたい”カナちゃんと暮らしている。幽霊や怪談、呪いや祟り、オカルトや超常現象。両親を事故で亡くした日から、三咲はそんなあやふやなも…

ジェフリー・ディーヴァー『バーニング・ワイヤー』上下(文春文庫)

バーニング・ワイヤー 上 (文春文庫) 作者:ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋 Amazon バーニング・ワイヤー 下 (文春文庫) 作者:ジェフリー ディーヴァー 文藝春秋 Amazon 突然の閃光と炎。それが路線バスを襲った。送電システムの異常により変電所が爆発し…

芦辺拓『裁判員法廷』(文春文庫)

裁判員法廷 (文春文庫) 作者:芦辺 拓 文藝春秋 Amazon ある日、あなたのもとに届いた一通の呼出状。それはあなたが裁判員候補者として選ばれたという通知だった。もちろん裁判など初めての体験。芒洋とした弁護士、森江春策と女性敏腕検事、菊園綾子が火花を…

小林泰三『アリス殺し』(創元クライム・クラブ)

アリス殺し (創元クライム・クラブ) 作者:小林 泰三 東京創元社 Amazon 大学院生・栗栖川亜理は、最近不思議の国に迷い込んだアリスの夢ばかり見ている。ハンプティ・ダンプティの墜落死に遭遇する夢を見た後大学に行ってみると、キャンパスの屋上から玉子と…

連城三紀彦『どこまでも殺されて』(新潮文庫)

どこまでも殺されて (新潮文庫) 作者:連城 三紀彦 新潮社 Amazon 「どこまでも殺されていく僕がいる。いつまでも殺されていく僕がいる」 七度も殺され、今まさに八度目に殺されようとしているという謎の手記。そして高校教師・横田勝彦のもとには、ある男子…

阿津川辰海『紅蓮館の殺人』(講談社タイガ)

紅蓮館の殺人 (講談社タイガ) 作者:阿津川辰海 講談社 Amazon 山中に隠棲した文豪に会うため、高校の合宿をぬけ出した僕と友人の葛城は、落雷による山火事に遭遇。救助を待つうち、館に住むつばさと仲良くなる。だが翌朝、吊り天井で圧死した彼女が発見され…

ロビン・クック『コーマ―昏睡―』(ハヤカワ文庫 NV)

コーマ―昏睡 (ハヤカワ文庫 NV 326) 作者:ロビン・クック 早川書房 Amazon 現代医学の粋を結集したボストン記念病院。その八号手術室に原因不明の事故が続発していた。簡単な手術の患者が昏睡状態に陥り、植物人間と化していく。事件に疑問を抱いた医学生ス…

小川哲『地図と拳』(集英社)

地図と拳 (集英社文芸単行本) 作者:小川哲 集英社 Amazon 「君は満州という白紙の地図に、夢を書き込む」。日本からの密偵に帯同し、通訳として満洲に渡った細川。ロシアの鉄道網拡大のために派遣された神父クラスニコフ。叔父にだまされ不毛の土地へと移住…

梓崎優『リバーサイド・チルドレン』(東京創元社 ミステリ・フロンティア)

リバーサイド・チルドレン (ミステリ・フロンティア) 作者:梓崎 優 東京創元社 Amazon カンボジアの地を彷徨う日本人少年は、現地のストリートチルドレンに拾われた。「迷惑はな、かけるものなんだよ」過酷な環境下でも、そこには仲間がいて、笑いがあり、信…

恩田陸『ユージニア』(角川文庫)

ユージニア (角川文庫) 作者:恩田 陸 KADOKAWA Amazon 「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった。犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だ――。かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件。数十年を…

山村美紗『燃えた花嫁』(光文社文庫)

燃えた花嫁 名探偵キャサリン (光文社文庫) 作者:山村 美紗 光文社 Amazon 絞殺、青酸死、モデルが相次いで殺され、日進化繊が社運を賭した夢の繊維の売れ行きに暗雲がたちこめた。巻き返しを図り、首相令嬢の結婚衣装を提供。しかし、挙式直後ドレスが突如…

米澤穂信『さよなら妖精』(創元推理文庫)

さよなら妖精 (創元推理文庫) 作者:米澤 穂信 東京創元社 Amazon 一九九一年四月。雨宿りをする一人の少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。彼女と過ごす、謎に満ちた日常。そし…

シヴォーン・ダウド『ロンドン・アイの謎』(東京創元社)

ロンドン・アイの謎 作者:シヴォーン・ダウド 東京創元社 Amazon 十二歳のテッドは、いとこのサリムの希望で、巨大な観覧車ロンドン・アイにのりにでかけた。テッドと姉のカット、サリムの三人でチケット売り場の長い行列に並んでいたところ、見知らぬ男が話…

逸木裕『虹を待つ彼女』(角川文庫)

虹を待つ彼女 (角川文庫) 作者:逸木 裕 KADOKAWA Amazon 2020年、研究者の工藤賢は死者を人工知能化するプロジェクトに参加する。モデルは美貌のゲームクリエイター、水科晴。晴は“ゾンビを撃ち殺す”ゲームのなかで、自らを標的にすることで自殺していた。人…