平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

アントニイ・バークリー『ジャンピング・ジェニイ』(国書刊行会 世界探偵小説全集31)

ジャンピング・ジェニイ (世界探偵小説全集) 作者:アントニイ バークリー 発売日: 2001/07/01 メディア: 単行本 小説家ロナルド・ストラットンの屋敷で開かれた参加者が史上有名な殺人者か犠牲者に扮装する趣向のパーティの席上、ヒステリックな言動で周囲の…

ルイス・ベイヤード『陸軍士官学校の死』上下(創元推理文庫)

陸軍士官学校の死 上 (創元推理文庫) 作者:ルイス・ベイヤード 発売日: 2010/07/10 メディア: 文庫 陸軍士官学校の死 下 (創元推理文庫) 作者:ルイス・ベイヤード 発売日: 2010/07/10 メディア: 文庫 ニューヨーク州、1830年10月。引退した名警官ガス・ラン…

ウィリアム・ブリテン『ジョン・ディクスン・カーを読んだ男』(論創社)

ジョン・ディクスン・カーを読んだ男 (論創海外ミステリ) 作者:ブリテン,ウィリアム,英俊, 森 メディア: 単行本 巨匠J・D・カーに憧れ、自ら密室殺人を企てる青年。クイーン顔負けの論理で謎を解く老人。身に覚えのない手紙を受け取ったアメリカ在住のワトス…

松本清張『日光中宮祠事件』(角川文庫)

日光中宮祠事件 (角川文庫 緑 227-23) 作者:松本 清張 メディア: 文庫 1946年5月4日、日光市中宮祠で旅館が全焼し、中から一家六人の死体が発見された。死体に切り傷などがあったことから、日光警察署では主人が家族全員を殺害の上、自宅に火をつけたのち、…

キャロル・オコンネル『クリスマスに少女は還る』(創元推理文庫)

クリスマスに少女は還る (創元推理文庫) 作者:キャロル オコンネル 発売日: 1999/09/23 メディア: 文庫 クリスマスも近いある日、二人の少女が町から姿を消した。州副知事の娘と、その親友でホラーマニアの問題児だ。誘拐か? 刑事ルージュにとって、これは悪…

高原弘吉『まぼろしの腕』(新潮ポケット・ライブラリ)

まぼろしの腕 (1963年) (ポケット・ライブラリ〈45〉) 作者:高原 弘吉 メディア: - 九月八日は土曜日、ジャガースのフランチャイズ球場であるH球場のナイター、対ユニオンズ二十回戦は、満員の観客を集めていた。イーグルズ球団所属のベテランスカウト津川…

辻真先『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』(東京創元社)

たかが殺人じゃないか (昭和24年の推理小説) 作者:辻 真先 発売日: 2020/05/29 メディア: 単行本 昭和二四年、ミステリ作家を目指しているカツ丼こと風早勝利は、名古屋市内の新制高校三年生になった。旧制中学卒業後の、たった一年だけの男女共学の高校生活…

大阪圭吉『死の快走船』(創元推理文庫)

死の快走船 (創元推理文庫) 作者:大阪 圭吉 発売日: 2020/08/12 メディア: 文庫 岬の端に立つ白堊館の主人キャプテン深谷は、愛用のヨットで脱走に仕掛けた翌朝、無残な死体となって発見された……堂々たる本格中篇「死の快走船」をはじめ、猟奇的エロティシズ…

斜線堂有紀『楽園とは探偵の不在なり』(早川書房)

楽園とは探偵の不在なり 作者:斜線堂 有紀 発売日: 2020/08/20 メディア: 単行本 二人以上殺した者は"天使"によって即座に地獄に引き摺り込まれるようになった世界。細々と探偵業を営む青岸焦(あおぎしこがれ)は「天国が存在するか知りたくないか」という大…

奥泉光『シューマンの指』(講談社)

シューマンの指 (100周年書き下ろし) 作者:奥泉 光 発売日: 2010/07/23 メディア: 単行本 シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人…

イーアン・ペアーズ『指差す標識の事例』上下(創元推理文庫)

指差す標識の事例 上 (創元推理文庫) 作者:イーアン・ペアーズ 発売日: 2020/08/31 メディア: 文庫 指差す標識の事例 下 (創元推理文庫) 作者:イーアン・ペアーズ 発売日: 2020/08/31 メディア: Kindle版 1663年、クロムウェルが没してのち、王政復古により…

ジャスト日本『インディペンデント・ブルース』(彩図社)

インディペンデント・ブルース 作者:ジャスト日本 発売日: 2020/03/30 メディア: 単行本 メジャーが光り輝く太陽だとしたら、闇夜に輝く月のような存在がインディー。本書は、インディペンデントなプロレス団体で生きるレスラーを取材し、彼らがなぜ戦い続け…

方丈貴恵『孤島の来訪者』(東京創元社)

孤島の来訪者 作者:方丈 貴恵 発売日: 2020/11/30 メディア: 単行本 謀殺された幼馴染の復讐を誓い、ターゲットに近づくためテレビ番組制作会社のADとなった竜泉佑樹は、標的の三名とともに無人島でのロケに参加していた。島の名は幽世島――秘祭伝承が残る曰…

笹本稜平『相剋 越境捜査』(双葉社)

相剋 越境捜査 作者:笹本 稜平 発売日: 2020/10/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) 神奈川県警管内で発見された腐乱死体が碌な捜査もされず自殺として処理された。不審に思った宮野が独自捜査をすると、その直後、何者かに襲われてしまう。鷺沼たちはカり…

若林正恭『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(文春文庫)

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (文春文庫 わ 25-1) 作者:若林 正恭 発売日: 2020/10/07 メディア: 文庫 飛行機の空席は残り1席――芸人として多忙を極める著者は、何かに背中を押されるように一人キューバに旅立った。クラシックカーの排ガス、革…

そえだ信『地べたを旅立つ』(早川書房)

地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険 作者:そえだ 信 発売日: 2020/11/19 メディア: 単行本 鈴木勢太、性別男、33歳。未婚だが小学5年生の子持ち。北海道札幌方面西方警察署刑事課勤務……のはずが、暴走車に撥ねられ、次に気づいたときには……「スマートス…

ローリー・レーダー=デイ『最悪の館』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

最悪の館 (ハヤカワ・ミステリ) 作者:ローリー レーダー=デイ 発売日: 2020/04/02 メディア: 新書 夫を亡くして以来、不眠に苛まれているイーデンは、星空の保護区として有名なダークスカイ・パークを結婚記念日直前に訪れる。生前の夫が予約していたのだ。…

ザ・グレート・カブキ、タイガー戸口『毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談』(徳間書店)

毒虎シュート夜話 昭和プロレス暗黒対談 作者:ザ・グレート・カブキ,タイガー戸口 発売日: 2019/07/30 メディア: 単行本 「お前は戸口じゃなくて大口だ!」カブキの毒霧に、たじろぐタイガー戸口――日米マット界の裏と表を生きた同世代の2人の「記憶」は、きれ…

結城真一郎『プロジェクト・インソムニア』(新潮社)

プロジェクト・インソムニア 作者:結城 真一郎 発売日: 2020/07/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) 「年齢・性別・属性の異なるメンバーが夢のなかで生活を共にする」。特殊睡眠導入剤〈フェリキタス〉の開発で莫大な財を成した、ソムニウム社による極秘…

アンソニー・ホロヴィッツ『その裁きは死』(創元推理文庫)

その裁きは死 (創元推理文庫) 作者:アンソニー・ホロヴィッツ 発売日: 2020/09/10 メディア: 文庫 実直さが評判の離婚専門の弁護士が殺害された。裁判の相手方だった人気作家が口走った脅しに似た方法で。現場の壁にはペンキで乱暴に描かれた数字“182”。被害…

生田直親『誘拐197X年』(徳間文庫)

誘拐197X年 (徳間文庫) 作者:生田 直親 メディア: 文庫 大阪・堂島の超一流ホテルの結婚披露宴会場から花嫁が誘拐された。皇族と財界の政略結婚と言われ、政財界のトップクラスが列席中であった。左翼組織から三億円の身代金が要求され、大阪、神戸を中心に…

櫻田智也『蟬かえる』(東京創元社 ミステリ・フロンティア)

蝉かえる (ミステリ・フロンティア) 作者:櫻田 智也 発売日: 2020/07/13 メディア: 単行本 ブラウン神父、亜愛一郎に続く、“とぼけた切れ者”名探偵である、昆虫好きの青年・魞沢泉(えりさわせん。「エリ」は「魚」偏に「入」)。彼が解く事件の真相は、いつだ…

アンソニー・ホロヴィッツ『メインテーマは殺人』(創元推理文庫)

メインテーマは殺人 (創元推理文庫) 作者:アンソニー・ホロヴィッツ 発売日: 2019/09/28 メディア: ペーパーバック 自らの葬儀の手配をしたまさにその日、資産家の老婦人は絞殺された。彼女は自分が殺されると知っていたのか? 作家のわたし、アンソニー・ホ…

市川憂人『揺籠のアディポクル』(講談社)

揺籠のアディポクル 作者:市川 憂人 発売日: 2020/10/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) 半人形――それがコノハの最初の印象だ。隻腕義手の痩せた少女が、タケルのただひとりの同居人だった。医師の柳や看護師の若林とともに、病原体に弱い二人を守るはず…

ドナルド・E・ウエストレイク『ホット・ロック』(角川文庫)

ホット・ロック (角川文庫) 作者:ドナルド・E. ウエストレイク 発売日: 1998/09/01 メディア: 文庫 長い刑期を終えて出所したばかりの盗みの天才ドートマンダーに、とてつもない仕事が舞い込んだ。それはアフリカの某国の国連大使の依頼で、コロシアムに展示…

矢作俊彦『ららら科學の子』(文春文庫)

ららら科學の子 (文春文庫) 作者:矢作 俊彦 発売日: 2006/10/06 メディア: 文庫 男は殺人未遂に問われ、中国に密航した。文化大革命、下放をへて帰還した「彼」は30年ぶりの日本に何を見たのか。携帯電話に戸惑い、不思議な女子高生に付きまとわれ、変貌した…

千田理緒『五色の殺人者』(東京創元社)

五色の殺人者 作者:千田 理緒 発売日: 2020/10/10 メディア: 単行本 高齢者介護施設・あずき荘で働く、新米女性介護士のメイこと明治瑞希(めいじ みずき)はある日、利用者の撲殺死体を発見する。逃走する犯人と思しき人物を目撃したのは五人。しかし、犯人の…

佐野洋『七色の密室』(文春文庫)

七色の密室 (文春文庫) 作者:佐野 洋 発売日: 1980/05/01 メディア: 文庫 鍵の掛ったホテルの一室で、男が殺されていた。謎を追う刑事は、奇妙な話を聞く。以前ある女優が同じ部屋に泊った時、朝になるとどこからか、猫が一匹入り込んでいたという……。青、紫…

佐野広実『わたしが消える』(講談社)

わたしが消える 作者:佐野 広実 発売日: 2020/09/30 メディア: 単行本 元刑事の藤巻は、医師に軽度認知障碍を宣告され、愕然とする。離婚した妻はすでに亡くなっており、大学生の娘にも迷惑はかけられない。ところが、当の娘が藤巻の元を訪れ、実習先の施設…

周浩暉『死亡通知書 暗黒者』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

死亡通知書 暗黒者 (ハヤカワ・ミステリ) 作者:周 浩暉 発売日: 2020/08/05 メディア: 新書 2002年、省都A市でひとりのベテラン刑事が命を落とし、復讐の女神の名を冠す謎の人物〈エウメニデス〉による処刑の序曲は奏でられた。ネットで死すべき人物の名を募…