平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

市川憂人『揺籠のアディポクル』(講談社)

揺籠のアディポクル 作者:市川 憂人 発売日: 2020/10/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) 半人形――それがコノハの最初の印象だ。隻腕義手の痩せた少女が、タケルのただひとりの同居人だった。医師の柳や看護師の若林とともに、病原体に弱い二人を守るはず…

犯罪の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「無期懲役判決リスト 2020年度」に1件追加。

ドナルド・E・ウエストレイク『ホット・ロック』(角川文庫)

ホット・ロック (角川文庫) 作者:ドナルド・E. ウエストレイク 発売日: 1998/09/01 メディア: 文庫 長い刑期を終えて出所したばかりの盗みの天才ドートマンダーに、とてつもない仕事が舞い込んだ。それはアフリカの某国の国連大使の依頼で、コロシアムに展示…

思い出したこと

実は目標のところで、「47都道府県制覇」というのを挙げていたことをすっかり忘れていた。この間、仕事で大分県に初めて訪れたので、一つ減った。残りは秋田、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島だが、訪れる予定は残念だが今のところ全く無い。

矢作俊彦『ららら科學の子』(文春文庫)

ららら科學の子 (文春文庫) 作者:矢作 俊彦 発売日: 2006/10/06 メディア: 文庫 男は殺人未遂に問われ、中国に密航した。文化大革命、下放をへて帰還した「彼」は30年ぶりの日本に何を見たのか。携帯電話に戸惑い、不思議な女子高生に付きまとわれ、変貌した…

犯罪の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「無期懲役判決リスト 2020年度」に1件追加。 クスリがらみの事件は人数が多くて、わけがわからなくなる。

千田理緒『五色の殺人者』(東京創元社)

五色の殺人者 作者:千田 理緒 発売日: 2020/10/10 メディア: 単行本 高齢者介護施設・あずき荘で働く、新米女性介護士のメイこと明治瑞希(めいじ みずき)はある日、利用者の撲殺死体を発見する。逃走する犯人と思しき人物を目撃したのは五人。しかし、犯人の…

犯罪の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「求刑無期懲役、判決有期懲役 2020年度」に1件追加。 陳春根被告の控訴審が即日結審するとは思わなかった。上村隆被告の一審判決と整合性が取れていないぞ。刑が甘い印象のある大阪高裁が、まさか裁判員裁判の一…

佐野洋『七色の密室』(文春文庫)

七色の密室 (文春文庫) 作者:佐野 洋 発売日: 1980/05/01 メディア: 文庫 鍵の掛ったホテルの一室で、男が殺されていた。謎を追う刑事は、奇妙な話を聞く。以前ある女優が同じ部屋に泊った時、朝になるとどこからか、猫が一匹入り込んでいたという……。青、紫…

犯罪の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「無期懲役判決リスト 2020年度」に1件追加。「求刑無期懲役、判決有期懲役 2020年度」に1件追加。

佐野広実『わたしが消える』(講談社)

わたしが消える 作者:佐野 広実 発売日: 2020/09/30 メディア: 単行本 元刑事の藤巻は、医師に軽度認知障碍を宣告され、愕然とする。離婚した妻はすでに亡くなっており、大学生の娘にも迷惑はかけられない。ところが、当の娘が藤巻の元を訪れ、実習先の施設…

周浩暉『死亡通知書 暗黒者』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

死亡通知書 暗黒者 (ハヤカワ・ミステリ) 作者:周 浩暉 発売日: 2020/08/05 メディア: 新書 2002年、省都A市でひとりのベテラン刑事が命を落とし、復讐の女神の名を冠す謎の人物〈エウメニデス〉による処刑の序曲は奏でられた。ネットで死すべき人物の名を募…

犯罪の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「死刑確定囚リスト」「死刑執行・判決推移」を更新。「無期懲役判決リスト 2020年度」に1件追加。 60歳代で無期懲役を求刑されて、弁護側は懲役20年とか25年が相当だと訴えても、大差ないと思ってしまうけれどね…

月曜から出張続きだった

さすがに強行スケジュールだった。時間の合う飛行機がなかったとはいえ、電車移動8時間はしんどい。

坂上泉『インビジブル』(文藝春秋)

インビジブル 作者:泉, 坂上 発売日: 2020/08/26 メディア: 単行本 昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭を麻袋で覆われた刺殺体となって見つかる。大阪市警視庁が騒然とするなか、若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、上層部の思惑により国警か…

月曜から予定が詰まっている

パソコンに触る時間が取れないので、次回の更新は土曜日か日曜日になります。

スティーヴン・キング『シャイニング』上下(文春文庫)

新装版 シャイニング (上) (文春文庫) 作者:スティーヴン キング 発売日: 2008/08/05 メディア: 文庫 新装版 シャイニング (下) (文春文庫) 作者:スティーヴン キング 発売日: 2008/08/05 メディア: 文庫 《景観荘(オーバールック)》ホテルはコロラド山中…

『お笑いスター誕生!!』の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/star.html「お笑いスター誕生!!」新規情報を追加。とんねるずのコント。俵孝太郎といっても若者は知らんだろうなあ。アン・ルイスも怪しいかも。

法月綸太郎『法月綸太郎の消息』(講談社)

法月綸太郎の消息 作者:法月 綸太郎 発売日: 2019/09/12 メディア: 単行本 ホームズ探偵譚の異色作「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」。この2作の裏に隠された、作者コナン・ドイルをめぐる意外なトラップを突き止める「白面のたてがみ」。 ポアロ最後…

「推理クイズ」の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/mystery-quiz/index.htm「山村正夫推理クイズ作品リスト」に1件追加。 10年半ぶりの更新(笑)。我ながら凄いと思う。何が凄いのかはさっぱりわからないが。 これで山村正夫の推理クイズ本は多分コンプリート。学年誌などの…

奥泉光『死神の棋譜』(新潮社)

死神の棋譜 作者:奥泉 光 発売日: 2020/08/27 メディア: 単行本 ――負けました。これをいうのは人生で何度目だろう。 将棋に魅入られ、頂点を目指し、深みへ潜ってしまった男。消えた棋士の行方を追って、北海道の廃坑から地下神殿の対局室までの旅が始まる。…

犯罪の世界を漂う

http://hyouhakudanna.bufsiz.jp/climb.html「求刑無期懲役、判決有期懲役 2020年度」に1件追加。 殺害後の金の使い方を見たら、最初から強盗目的はあったと思うけれどね。

南條範夫『三百年のベール』(学研M文庫)

三百年のベール―異伝 徳川家康 (学研M文庫) 作者:南条 範夫 メディア: 文庫 静岡の県吏・平岡素一郎は、ふと目にした史書の一節をきっかけに、将軍徳川家康の出自と生涯の秘密を探りはじめる。やがて、驚愕の真相が浮かび上がった――。「家康は戦国大名松平家…

阿津川辰海『透明人間は密室に潜む』(光文社)

透明人間は密室に潜む 作者:阿津川 辰海 発売日: 2020/04/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) 透明人間による不可能犯罪計画。裁判員裁判×アイドルオタクの法廷ミステリ。録音された犯行現場の謎。クルーズ船内、イベントが進行する中での拉致監禁──。絢爛…

なんとなく調べていた

昨日、福島地裁郡山支部の裁判員裁判で検察側は天野十夢被告に無期懲役を求刑した。福島地裁で無期懲役判決が出れば11年ぶりである(このときは福島地裁いわき支部)。11年前は裁判員裁判ではなかったので、もし求刑通りの判決が言い渡されれば初めてとなる…

ジョージ・P. ペレケーノス『俺たちの日』(ハヤカワ・ミステリ文庫)

俺たちの日 (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:ジョージ・P. ペレケーノス 発売日: 1998/09/01 メディア: 文庫 ギャングのボスのために借金を取りたてる――どんな危険も顧みない幼なじみのジョーとピートにとって、それは簡単な仕事だった。が、非情になりきれな…

櫻田智也『サーチライトと誘蛾灯』(創元推理文庫)

サーチライトと誘蛾灯 (創元推理文庫) 作者:櫻田 智也 発売日: 2020/04/21 メディア: 文庫 ホームレスを強制退去させた公園の治安を守るため、ボランティアで見回り隊が結成された。ある夜、見回り中の吉森は、公園にいた奇妙な来訪者たちを追い出す。ところ…

『将棋の渡辺くん』第5巻を読んでまず思ったこと

私もファッション雑誌を一度も買ったことがない。読んだこともない。

ロバート・ゴダード『蒼穹のかなたへ』上下(文春文庫)

蒼穹のかなたへ〈上〉 (文春文庫) 作者:ロバート ゴダード メディア: 文庫 蒼穹のかなたへ〈下〉 (文春文庫) 作者:ロバート ゴダード メディア: 文庫 讒言で会社を追われ、元の部下で現国防次官ダイサートの世話でロードス島の別荘番として酒と倦怠の日々を…

羽生善治九段が豊島将之竜王への挑戦権を獲得

50歳代で将棋のタイトル戦に登場したのは土居市太郎、大山康晴、升田幸三、二上達也、米長邦雄だけ。50歳代のタイトル保持者は大山、二上、米長の三人。50歳代のタイトル挑戦者は土居、升田、大山の三人。50歳代でタイトルに挑戦して奪取したのは大山のみ。…