平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

黒木あるじ『春のたましい 神祓いの記』(光文社)

「祭りをやらないと、この村はなくなりますよ!」――信じない人々をどう説得する!?
 感染症の大流行や地方の過疎化が進んだせいで、「祭り」が行われなくなった地域が増えた。これまで地域の祭りで鎮められていた八百万の神々が怒り、暴れだしたため異変が頻発する。このような事態に対処するために組織されていた祭祀保安協会の九重(ここのえ)十一(とい)とアシスタントの八多(やた)(みさき)―――怪しさ満点の二人が、異変を解決しようと神々を鎮め、処分していく。
 この二人、我が村を本当に救えるのか!? この村にも神がいた。今はもういない―――過疎化の進む東北を舞台に「実話怪談の旗手」が描く、やがて消えゆく〝隣人〟の物語(帯より引用)
 『小説宝石』2021~2023年掲載作品に書き下ろしを加え、2024年3月刊行。

 任務完了を報告する九重十一。「まつりのあと」。
 過疎集落の出羽村にやってきた黒づくめの女性を迎えたのは、村長の田附と副村長の木津。10年前に設置された文化庁の非公表の外郭団体、祭祀保安協会の九重十一と名乗るその女性がバスを降りたときに「処分しなきゃ」と聞いた小学五年生のヨッチンは、同級生で子分のケンジとともに、十一が村の人を殺すのを止めようと後を尾けた。十一が向かったのは、春休みで無人の小学校だった。「春と殺し屋と七不思議」。
 路傍に建つ祠で合掌した十一は、背後から足音が聞こえたのに気付く。「いざない」。
 日本海に面した小さな町、卯巳町にやってきたのは九重十一と、歌舞伎町のホストみたいな恰好のアシスタント八多岬。二週間前に起きた魚の大量死は、卯巳祭りの夜に船を流す「アザハギ」に関わっている可能性があるから実施してほしいと二人は依頼した。しかし今年はコロナ禍のため、祭りは中止になっていた。「われはうみのこ」。
 事務処理が多いとぼやく岬の横で、淡々と事務仕事をこなす十一。「おやくめ」。
 雪が降れば陸の孤島と化し、隣村へ抜ける道もないどん詰まりの鄙びた農村、桜児地区に一人だけ住む乙野鉄吉。小正月マ江の一月十四日、そんな桜児に九重十一と八多岬がやってきた。小正月ユキワラシを祀る「ユキアソバセ」の詳細を知りたいという。鉄吉は、もしかしたら秘密を探りに来たのではないかと疑う。「あそべやあそべ、ゆきわらし」。
 コロナ禍が明けた春、三年ぶりに生家にやってきた老人は、黒ずくめの女が崩れた家の前で手を合わせているのを見かけた。「おくやみ」。
 三十路半ばの傘蔵理美は、時花山キャンプ場の杉木立の先にある丘陵にある、百本以上の大小の石像の腕が転がっている「しどら」へやってきた。江戸時代に祀られていたが永く破壊されて放置されていたのだが、三年前に何者かに修復された。SNSで一時流行るもののすぐにすたれ、先日誰かにバラバラにされていた。理美はその「しどら」を復活させようと掘り返し始めたとき、八多という男が現れた。「わたしはふしだら」。
 祭保協本館の地下一階にある収蔵庫で、十一は羽虫よろしく翔ぶ<文字>を見つけた。初めて見る言霊だった。「まよいご」。
 南東北の山々のふもとに位置する久地福村には「ゲンゲ」と呼ばれる盲目の口寄せ巫女が存在した。十一が祭保協の仕事で聞き取りを行うため、ゲンゲの最後の一人、羽生部キヨのもとに定期的に訪れていた。しかし今日来たのはキヨの頼みごとのためであった。キヨは生きた者同士が魂を入れ替え、人格を交換する「たまがえ」の儀式をお願いした。一度、自分の顔を自分の目で見たいという。了承した十一であったが、魂を入れ替えた十一の体のキヨは、そのまま家を出ていった。「春のたましい」。

 作者は実話怪談の分野で絶大な支持を集めているとのこと。全く興味のない分野なので、名前すら知りませんでした。うーん、もう少し周りに目を配るぐらいのことはしないといけないなあ。作者のミステリは初めてである。通常ならスルーしている分野なのだが、書評を読んで気になり、思わず手に取ってしまった。
 東北地方のさびれた町村を舞台に、コロナ禍で祭りが行われなくなり、封じられていた神が暴れ出すのを鎮めるため、文化庁の非公表の外郭団体、祭祀保安協会の九重十一と八多岬が訪れる連作短編集。本編5編に、合間のエピソードを2ページで描かれた5編が加わっている。
 怪談と民俗信仰をコロナ禍と結び付けたアイディアがうまい。神たちが起こす怪異現象の描写はさすがといえるものがあるし、過疎や人間関係の悩みを浮かび上がらせる手法も見事。そして謎解き要素が散りばめられているのも巧みだ。読み終わって気付かされた伏線には脱帽した。過剰ではなく、むしろ淡白に見える筆致だが、テクニックは凄い。
 祭祀保安協会という設定、そして九重十一と八多岬というキャラクターの造形も、続編を大いに期待させるもの。とはいえ、数を重ねると薄味になりそうだから、適当なところで止めてほしいかな、これは。
 思わぬ拾い物の一冊。千街晶之さんの書評を信じてよかった。これは2024年ミステリベストのダークホースになるのではないか。怪談とミステリを融合させた秀作です。