平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

信国遥『あなたに聞いて貰いたい七つの殺人』(光文社)

 若い女性ばかりを惨い手口で殺害し、その様子をインターネットラジオで実況するラジオマーダー・ヴェノム。その正体を突きとめてほしいと、しがない探偵・鶴舞(つるま)に依頼してきたジャーナリストのライラは、ヴェノムに対抗してラジオディテクティブを始めることを提案する。ささいな音やヴェノムの語り口を頼りに、少しずつ真相に近づきはじめる鶴舞とライラ。しかしあと一歩まで追い詰めたとき、最悪の事態がふたりを襲う――(粗筋紹介より引用)
 光文社の新人発掘プロジェクト「カッパ・ツー」の第三期として、選考会で指摘を受けた個所を改稿し、2024年4月、光文社より単行本刊行。


 一回ごとに1人の女性を殺すところを実況する配信「ラジオマーダー」。パーソナリティのヴェノムは、全七回配信すると宣言している。既に第三回が終わっていたが、死体はまだ発見されていない。オッドアイの美女でフリージャーナリスト・桜通(さくらどおり)来良(らいら)は、脱サラして1年前に事務所を開いたばかりの私立探偵・鶴舞(なお)に事件の解決を依頼するとともに、犯人迫るための手段として「ラジオディテクティブ」を配信することを提案した。そして鶴舞は、第四回の配信を基に、殺人現場と死体を発見する。A県警T警察署刑事課強行犯二係の名城は先輩の東山に、いつか捜査一課に行きたいと話していたが、死体の発見場所が管轄内であったことから、事件の捜査に加わることとなり、捜査一課のベテラン・飯田とともに行動する。
 不特定の若い女性に対する連続殺人事件を配信するという劇場型犯罪。それに対抗する劇場型探偵。さらに負けじと動き出す捜査本部。物語は鶴間の一人称による探偵パートと、東山の一人称による警察パートの交互で進む。
 かなり改稿したものと思われるが、主要登場人物が少ないこともあり、犯人像はある程度簡単に浮かび上がる。多分改稿前はもっと露骨だったのだろう。犯行や探偵の配信はそれほど目新しいものではないので、作者が描きたかったのは、連続殺人のミッシング・リンクは何かという謎と事件の構図と思われる。そして、その狙いは成功した。この作品が面白くなるのは、後半から。この畳み込みは新人の筆としては悪くないし、一気に読める。
 ただ、あまりにも都合がよすぎる展開には疑問を抱く向きも多いだろう。他人や警察が、ここまでシナリオ通りに動くはずがない。読者によっては興醒めするかも。それも多くの読者が。
 アイディア頼りの作品で終わっているので、もう少し肉付けが欲しい。ブラフのかけ方を覚えてほしいものだ。