平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

横溝正史『完本 人形佐七捕物帳 一』(春陽堂書店)

 春陽堂書店が初めての「人形佐七捕物帳」全五巻を刊行したのは、昭和十六年のことで、 最初の作品集成である。昭和四十八年には春陽文庫より「人形佐七捕物帳全集」全十四巻を刊行。 一五〇篇の作品を収録し好評裡に版を重ねたが、近年、研究者たちにより、 横溝正史が書き遺した「人形佐七捕物帳」は全一八〇篇と確定した。
 ここに全作品を発表順に初めて集成、綿密な校訂を施し、詳細な解題・解説を附し、面目を一新した 「完本 人形佐七捕物帳」全十巻をお届けする。昭和を代表する国民作家・横溝正史が愛惜を持って描いた 江戸の世と人形佐七の活躍を余すところなくご味読いただきたい。
 江戸を舞台に、人形のような色男、佐七が繰り広げる推理劇。美男で好色な佐七と焼きもち焼きの年上女房お粂との夫婦喧嘩、佐七の子分の江戸っ子の辰と上方っ子の豆六のやりとりなど、ユーモラスな描写も満載。戦前~戦後に書き継がれた妖艶・怪奇・戦慄の作の全貌を知らしめる!(書籍案内より引用)
「羽子板娘」「謎坊主」「歎きの遊女」「山雀供養」「山形屋騒動」「非人の仇討」「三本の矢」「犬娘」「幽霊山伏」「屠蘇機嫌女夫捕物」「仮面の若殿」「座頭の鈴」「花見の仮面」「音羽の猫」「二枚短冊」「離魂病」「名月一夜狂言」「螢屋敷」「黒蝶呪縛」「稚児地蔵」を収録。
 2019年12月、刊行。

 

 五大捕物帳と言えば、岡本綺堂『半七捕物帳』、野村胡堂銭形平次捕物控』、横溝正史人形佐七捕物帳』、佐々木味津三右門捕物帖』、城昌幸『若さま侍捕物手帖』。そのうちの一つ、『人形佐七捕物帳』といえば、神田お玉が池の色男、人形佐七が恋女房お粂、子分の巾着の辰五郎、うらなりの豆六とともに活躍する話である。作者が横溝正史ということで、本格ミステリとしての色が濃い作品もあれば、草双紙趣味の怪奇色が濃い作品、そして捕物帳ならではの人情物もある。半七や銭形平次ほど江戸の描写は色濃くないが、文化文政の時代を十分楽しむことはできる。時々、男性にとって都合の良い性描写が出てくるのは、書かれた時代を考えると仕方がない。
 第一巻ということで、佐七が初登場しクリスティの某作品を彷彿とさせる「羽子板娘」、お粂との馴れ初め「歎きの遊女」(辰も初登場)、辰が茂平次にしょっ引かれる「音羽の猫」、佐七の偽物が登場し佐七が縄目を受ける「離魂病」、招かれた宴席での殺人事件を佐七が解き明かす「名月一夜狂言」、豆六が初登場の「螢屋敷」など。
 やはり書き始めからなのか、それとも後年に書き足しをしたからか、前半が重くて後半が駆け足の作品が多いのはちょっと残念。とりあえず主要登場人物四人、それに佐七を引き立てる南町奉行所の与力神崎甚五郎や、佐七の親代わりであるこのしろの吉兵衛、佐七の敵役である海坊主の茂平次などのレギュラーメンバーがそろってからが面白いので、第二巻以降以降が楽しみ。