平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

法月綸太郎『法月綸太郎の消息』(講談社)

法月綸太郎の消息

法月綸太郎の消息

 

  ホームズ探偵譚の異色作「白面の兵士」と「ライオンのたてがみ」。この2作の裏に隠された、作者コナン・ドイルをめぐる意外なトラップを突き止める「白面のたてがみ」。
 ポアロ最後の事件として名高い『カーテン』に仕組まれた、作者アガサ・クリスティーの入念な企みとは? 物語の背後(バックステージ)が息を呑むほど鮮やかに解読される「カーテンコール」。
 父・法月警視が持ち出す不可解な謎を、息子・綸太郎が純粋な論理を駆使して真相に迫る、都筑道夫『退職刑事』シリーズの後継というべき2編「あべこべの遺書」「殺さぬ先の自首」。
 スマートで知的で大胆不敵。本格ミステリの魅力に満ちた傑作作品集!(粗筋紹介より引用)
 『メフィスト』2018~2019年に掲載された「殺さぬ先の自首」「カーテンコール」に、アンソロジー『7人の名探偵』に掲載された「あべこべの遺書」、書き下ろし「白面のたてがみ」を収録。加筆修正の上、2019年9月刊行。

 

 シリーズ第一長編『雪密室』から30年目になる作品集。法月綸太郎(作中)の年齢がさっぱりわからないが、最初の短編集のころはさっさと結婚すればいいのに、なんて思っていたけれどな。この辺は、エラリー・クイーンと同じ道を歩むのか。
 「白面のたてがみ」はドイルの異色作品2作の裏をめぐって推理する作品だが、肝心のドイル作品がまったく思い出せない。そのため、読んでいても全然面白くなかった。ドイルの過去は知らないこともあったのでちょっと楽しめたけれど。
 「あべこべの遺書」「殺さぬ先の自首」は『退職刑事』シリーズよろしく、父親の法月警視の話を聞いただけで息子の綸太郎が謎を解く話。まあ『退職刑事』にそれほどの思い入れがないので、シリーズを意識したなんて言われてもどうでもいいのだが、淡々と話が進んで終わり、という印象しかない。二人が動かないと、物語に起伏が生じないんだよな。よっぽど謎が強くないと、枯れた作品という印象しか与えないから、隅の老人くらいキャラクターが強いと話は別だけど、よく考えてみると隅の老人って結構自分で手がかり探しに行っていたな。
 「カーテンコール」は舞台化という名目で集まった登場人物たちによるクリスティ論を戦わせた作品。クリスティ作品への言及にネタバレがあるけれど、作品の性格上、仕方がない。『象は忘れない』は読んだことがないけれど、別にいいや。読むときには本作品の内容を忘れているだろうし。作品論を小説でやられてもなあ、というのが本音。
 久しぶりの法月短編集だが、あまり楽しめなかったな。作者自身、探偵法月の扱いに苦労している気がする。