平穏無事な日々を漂う〜漂泊旦那の日記〜

漂泊旦那の日記です。本の感想とサイト更新情報が中心です。偶に雑談など。

ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』(早川書房)

【2021年本屋大賞 翻訳小説部門 第1位】ザリガニの鳴くところ

【2021年本屋大賞 翻訳小説部門 第1位】ザリガニの鳴くところ

 

 ノース・カロライナ州の湿地で男の死体が発見された。人々は「湿地の少女」に疑いの目を向ける。6歳で家族に見捨てられたときから、カイアは湿地の小屋でたったひとり生きなければならなかった。読み書きを教えてくれた少年テイトに恋心を抱くが、彼は大学進学のため彼女のもとを去ってゆく。以来、村の人々に「湿地の少女」と呼ばれ蔑まれながらも、彼女は生き物が自然のままに生きる「ザリガニの鳴くところ」へと思いをはせて静かに暮らしていた。しかしあるとき、村の裕福な青年チェイスが彼女に近づく……みずみずしい自然に抱かれて生きる少女の成長と不審死事件が絡み合い、思いもよらぬ結末へと物語が動き出す。全米500万部突破、感動と驚愕のベストセラー。(粗筋紹介より引用)
 2019年、アメリカで発表。2020年3月、邦訳刊行。

 

 作者はジョージア州出身の動物学者。現在はアイダホ州に住み、グリズリーやオオカミ、湿地の保全活動を行っている、とのことで、本作品は70歳で初めて書いた小説。
 1969年、バークリー・コーヴという架空の村で、アメフト選手として人気だったチェイスが湿地で死体となって発見される。展望台から墜落したものであったが、本人も含め、展望台の周りに足跡はなく、殺人事件として地元の捜査官が犯人を追う。そしてもう一つの物語は、6歳で家族に見捨てられたカイアが、湿地の小屋で一人で成長する姿が描かれる。
 うーん、これは何だ。いや、読んでいてすごい惹かれる。とても面白いし、胸に来るものがある。カイアの人生に圧倒された。一代記という点で見ると、すごい作品。自然描写もうまいし。ただ、ミステリとしてはどうなんだろう、とは思ってしまった。作者はそんなことを考えずに書いたんだろうとは思うのだが。
 正直言って、この湿地に住むことで蔑まれる状況が最後まで理解できなかったのだが、そこはもうちょっと調べてみよう。
 カイアが徐々に疑惑の目を向けられていくところは、本当に切ない。結局、読んでいくうちにカイアへの思い入れが強くなっていくんだよな、これ。いつも燃料を買いに行く店の主人とかがカイアに肩入れしているけれど、その気持ちわかってしまう。
 ミステリの部分、必要だったのかな、という思いと、これがあるからカイアという存在がより大きく浮かび上がったのかな、という思いがある。何とも形容し難い。難しいなあ、この作品の感想は。ただ、面白かったし、胸が締め付けられるし。そういう思いを語るだけで十分なのかもしれない。傑作だと思いました、はい。

弥生小夜子『風よ僕らの前髪を』(東京創元社)

風よ僕らの前髪を

風よ僕らの前髪を

 

  早朝、犬の散歩に出かけた公園で、元弁護士の伯父が何者かに首を絞められて殺害された。犯人逮捕の手がかりすら浮かばない中、甥であり探偵事務所勤務の経験を持つ若林悠紀は、養子の志史を疑う伯母の高子から、事件について調べてほしいと懇願される。悠紀にとって志史は親戚というだけでなく、家庭教師の教え子でもあった。。誰にも心を許そうとしなかった志史の過去を調べるうちに、悠紀は愛憎が渦巻く異様な人間関係の深淵を覗き見ることになる。圧倒的な筆力に選考委員も感嘆した第三十回鮎川哲也賞優秀賞受賞作。(粗筋紹介より引用)
 2020年、第30回鮎川哲也賞優秀賞受賞。2021年5月、刊行。

 

 伯父の殺人事件の真相を追ううちに、伯父夫婦の養子で実際は孫の立原志史周辺に不審な死が相次いでいることがわかり、事件の真相を探る若林悠紀。才能に恵まれているのに、不幸にさらされてきた若者たちの物語。
 一見問題がなさそうな家にある、不幸な真実と虐待。外向けの顔と、そこに隠された闇。様々な絶望の形が、事件の中に描かれている。心理描写、情景描写がとてもうまい。そして真相を追ううちに見えてくる闇の深さが絶望の深淵を物語っており、そこから逃げ出そうとする者たちの「静かで激しい拒絶」がよく描けていると思う。
 正直本格ミステリとしては弱いと思う。関係者に当たっていったら、とんとん拍子に証言が出てきて、またその後のケアまでしてくれている。歩き回ったら回答に辿り着きました、みたいな作品だ。ただ、親族が探偵役ということもあるから、ギリギリ許容範囲だろうか。
 逆に動機の描き方が非常にうまい。なぜこの時期に殺したのか、というところまでしっかりと考えられている。こんな綿密に書くことができるのなら、推理する部分をもう少し書くことができたんじゃないだろうか。いっそのことハードボイルドにしてしまえばよかったのに、と思わせる。その方が変な謎解き部分を作ることなく、うまく描けたと思う。
 加筆修正したかどうかが書かれていないのだが、まさか応募時のままなのだろうか。完成度や面白さでいったら、受賞作の『五色の殺人者』より上。次作が楽しみです。

彩坂美月『金木犀と彼女の時間』(東京創元社 ミステリ・フロンティア)

金木犀と彼女の時間 (ミステリ・フロンティア)

金木犀と彼女の時間 (ミステリ・フロンティア)

  • 作者:彩坂 美月
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: 単行本
 

 屋上で拓未に告白された直後、菜月の人生三度目のタイムリープが始まった。この状態に陥ると、菜月は同じ一時間を五回繰り返すことになる。つまり菜月は、このあと拓未に五回告白されるはずだった。しかし一回目、告白の場所に向かおうとした菜月の目の前で、拓未は屋上から墜死する。なぜ!? タイムリープ中の出来事が変更されるはずない。それなのにどうして拓未の死という、ありえない事態が発生することになったのか? チャンスはあと四回、それまでに彼の死を食い止める方法を、絶対に見つけなければ! 他人に心を開き切ることができない女子高生が文化祭中の校舎を駆け巡る、恋、友情、不安全てを詰め込んだ学園ミステリ。心境著しい俊英が放つ快作!(粗筋紹介より引用)
 2017年9月、書き下ろし刊行。

 

 いわゆるタイムリープ物で、遭遇した悲劇を書き換えようとする青春物語。言ってしまえばよくある話で、どこに新味を持たせるかということになるのだが、読み終わって初めてなるほど、と思いはした。まあ、ミステリとして驚くようなところはなかったかな、というのが正直なところ。
 作品を通して、主人公の上原菜月が成長していく過程は楽しめたかな。これまたありきたりなテーマだったが、逆にその分、ストレートには伝わってきた。
 ただ、作者の苦労に反比例するように、既視感の強い作品であることは否めない。ライトノベル向けにするには古いと言われそう。特に年取ったおじさんが読むと、こんな頃があったよね、って言いたくなるような作品であった。
 帯に担当編集者の言葉があるんだけど、高校の文化祭で見ず知らずの御婦人と『行きずりの街』について議論を戦わしたというのはちょっと笑っちゃった。

羽生飛鳥『蝶として死す 平家物語推理抄』(東京創元社 ミステリ・フロンティア)

  寿永二年(一一八三年)。源氏の木曾義仲軍から逃れるため、平家一門は都を捨て西国に落ち延びた。しかし、異母兄・清盛に疎まれ、折り合いが悪かった平頼盛は一門と決別。義仲の監視を受けながらも、妻子やわずかな家人と共に都に留まっていた。そんな頼盛に、彼が一門きっての知恵者であると聞きつけた義仲は、意外な頼み事を申し入れてきた――「三月前の戦で落命した恩人・斎藤別当実盛の屍を、首がない五つの屍から特定してほしい」。恩人を弔えぬのは武将の恥、断れば頼盛を討ち、己も自害すると義仲に押し切られ、頼盛は難題に挑むことにするが……。『平家物語』や謡曲『実盛』にも取り上げられている実盛の最期を題材にした、第十五回ミステリーズ!新人賞受賞作「屍実盛(かばねさねもり)」ほか、全五編収録。
清盛が都に放った童子は、なぜ惨殺されたのか? 高倉天皇の庇護下にあったはずの寵姫は、どのようにして毒を盛られたのか? 平家の全盛期から源平の争乱へとなだれ込んでゆく時代に、推理力を武器に生き抜いた頼盛の生涯を描く、歴史ミステリ連作集。(粗筋紹介より引用)
 2018年、第十五回ミステリーズ!新人賞受賞作「屍実盛」を含む短編五編を収録。2021年4月、刊行。

 

 作者は本作でミステリデビューだが、2010年に齊藤飛鳥名義で『おコン草子』で児童文学作家としてデビューし、著書が数冊出版ある。またミステリーズ!新人賞応募時も齊藤名義であり、本作品集出版時において羽生飛鳥(はにゅうあすか)と改めている。同名のアイドルが乃木坂46にいるからその名前を借用したのかな、と思ったら、乃木坂46の方は2011年結成だから、こちらの方が早かった(Wikipediaを見ると子役で2007年にデビューしていたようだけど、有名だったとは思えないので、無関係と考えた方がよさそう)。
 平清盛が情報収集に放っていた禿髪の一人が野犬に食われて死んでいるのが見つかった。しかし駆けつけて死体を検分した平頼盛は、禿髪の首に絞殺された跡を見つける。前年に異母兄の清盛から解官されていた頼盛は、朝廷への復帰を目指すべく、犯人捜しに挑む。第十四回ミステリーズ!新人賞最終候補作「禿髪(かぶろ)殺し」。なぜ死体をすぐ近くの古井戸に捨てなかったのかという疑問から、犯人を探し当てるまで過程も面白いが、むしろ見事と思ったのはその後の展開。在りがちな話だけど、実在の人物たちをこれに絡めたのは巧い。
 治承三年の政変で平頼盛は、平家一門の重鎮で唯一解官されてしまった。池殿流平家の存続の危機に立たされていた頼盛はある日、高倉天皇の方違え先に香の講義をしてほしいと招かれる。しかし高倉天皇の真意は、寵愛していた葵前が毒殺された方法を、知恵者の頼盛に解いてほしいということであった。葵前が務めていた中宮平徳子)、もしくは清盛の手によるものなのか、違うのか。書き下ろし、「葵前(あおいのまえ)哀れ」。前作から十年後の話。毒殺の真相自体は既存の作品にあるのだが、伏線を張りつつこの時代に移植したその腕はなかなかのもの。さらに解決後の流れは、連作短編集ならではのものでもあり、思わず唸ってしまった。
 表題作「屍実盛」は、謡曲『実盛』の後日談みたいな遺体探しミステリ。史実、というかちゃんと『平家物語』の流れに沿っての話であり、かつ史実を使ったうまい解決方法となっている。単独短編としても面白いが、こうやって連作短編集の一辺として読むと、また違った面白さが浮かび上がってくる。
 かつて助けた源頼朝を頼り息子たちと鎌倉に入った頼盛は、頼朝に歓迎されて相模国府でのんびり過ごしていた。ある日、頼朝に呼ばれた頼盛は、源義仲の嫡男で人質でもあった十二歳の義高が逃亡を図ったため殺され、婚約者であり頼朝の長女である六歳の大姫は病床に付していたことを知る。そして頼朝が西侍で義高の話をしていると、御所を挟んだ小御所で寝ていたはずの大姫が頼朝のもとに現れて、義高の話をしていた頼朝を責めるようになったという。遠く離れた部屋にいるはずの大姫はどのようにして話を知ったのか。『ミステリーズ』vol.101掲載、「弔千手(とむらいせんじゅ)」。頼盛亡命時の事件である。一族でも争わなければならず、そして自らのような存在を無くすために敵方の一族を殺さざるを得ない頼朝の苦悩が浮かび上がる作品。本作品中では、ミステリ味が一番少ないか。
 頼朝と義経が対立し、義経に加担した後白河法皇と朝廷の責任を追及するため、北条義時は上洛した。しかし義時の使命はもう一つあった。平家の残党狩りである。密告が続き、関係があるかわからない子供も処刑された。そしてある日、義時は八条にある池殿流平家の本宅を訪れ、頼盛と対面する。次男の為盛は二十歳を超えているはずなのにどう見ても十二、三にしか見えない。しかも為盛は源義仲と平家が戦った倶利伽羅峠で討ち死にされており、さらに峠には為盛の塚もある。ここに居る為盛の正体は、清盛の直系の曾孫、六代君(平高清)である。しかし頼盛はそれを否定し、その証拠を準備するという。書き下ろし「六代(ろくだい)秘話」。ミステリとしてはちょっと弱いが、連作短編集の最後として読む分には面白い。
 いずれの作品も『平家物語』に沿った話となっており(参考文献の量がすごい)、その中に隠れた物語として、壇ノ浦で平家が滅亡後も、清盛の男兄弟で唯一生き残った平頼盛が、知恵者として自ら生き延びる姿を描いている。タイトルは、己が清盛の手の内で這う芋虫と自嘲しながら、いつかは蝶となって空に飛び立つと決意するところからきている。
 正直、平頼盛といわれてもまったくわからず、読了後に思わずWikipediaで調べてしまいましたが、とても面白そうな人物。なんといってもあの猜疑心の塊みたいな源頼朝(まあ、権力者って権力を握ると大体こうなるけれど。劉邦みたいに)に厚遇されたという点で凄い。何度失脚しても、そのたびに立ち上がる姿は本当に見習いたくなる。
 『平家物語』=史実として話すけれど、史実を外さず、頼盛が知恵者として一族を残そうとする姿を描き切った点がすごい。そもそもまともな捜査などないような時代でミステリを成り立たせようとする発想がすごいし、それを完成させる筆力とアイディアが見事。既存のトリックが多いし、単純な謎解きもあるけれど、時代と設定を変えるだけでこんなに面白くなるものだと知り驚いた。
 そもそも『平家物語』が有名ということもあるだろうけれど、時代背景の説明もわかりやすいし、すんなりと頭に入ってくる。平家や源氏って似たような名前の人が多いが、そこもちゃんと交通整理されていて、読者を惑わせない。そして史実の角度をちょっとだけ変え、一つプラスするだけでこんな面白い物語が出来上がった。感嘆するしかない。これは色々な人にお勧めしたい。歴史ミステリが苦手な人でも、すんなりと面白く読めるはず。
 インタビューで密室物のプロットがありながらも断念していたと言っているが、本作品集に密室はなかったよなあ。これはぜひ読んでみたい。

赤塚不二夫『これでいいのだ 赤塚不二夫自叙伝』(文春文庫)

赤塚不二夫自叙伝 これでいいのだ (文春文庫)

赤塚不二夫自叙伝 これでいいのだ (文春文庫)

 

 「これでいいのだ!」の人生観で波乱万丈の生涯を楽しんだ不世出の漫画家・赤塚不二夫。そのスピリットは父親から受け継がれたものだった――。旧満州での少年時代、漫画との出会い、伝説のトキワ荘などを綴るこの自叙伝から、破天荒な赤塚ギャグの奥深くに息づく“家族”というテーマが見えてくるのだ!(粗筋紹介より引用)
 1993年8月、日本放送出版協会より単行本刊行。2002年12月、日本図書センターより再刊。2008年10月、文春文庫より刊行。

 『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『天才バカボン』『もーれつア太郎』『レッツラゴン』『ギャグゲリラ』とヒット作を連発し、ギャグ漫画の王様と呼ばれた赤塚不二夫の自叙伝。小学館で担当記者だった武居俊樹が「解説にかえて」を執筆している。
 戦中及び終戦時の満州での話、そして戦後の大和郡山・新潟時代の話がほとんどであり、上京後に漫画家となってトキワ荘に住むようになり、石森章太郎のアシスタントみたいな位置からようやく連載を持つ下りは少ない。そして主に書かれているのが両親の話。粗筋紹介にもあるとおり、「家族」というのが本当のテーマである。赤塚ギャグとか「家族」の話は武居が巻末で少し書いているが、武居自身の著書でもっと書いているのだろうか。
 戦中、戦後の一般的な家族の話として読んでも面白い。やはり戦争って嫌。逆に漫画家時代前後の話が少ないのは残念だが、それは別の著書にあるのかな。